革新的なプレミアム赤ワイン ジェイコブス・クリーク ダブル・バレルが登場!

『ジェイコブス・クリーク ダブル・バレル』は、厳選したブドウ畑から収穫され、円熟した果実味を備えたブドウのみを使用。ワイン造りの伝統的なオーク樽で熟成(最大18ヶ月)した後、ウイスキーの熟成に使用された樽を用いてさらに熟成させています。

ワイン業界で初の試みとなる、このワイン樽とウイスキー樽の二重熟成=“ダブル・バレル”製法を用いることで、より芳醇で、何層にも重なる複雑味と、非常に滑らかな味わいに仕上げています。使用するブドウとウイスキー樽の種類が異なる2種類のワインが登場しました。

ジェイコブス・クリーク ダブル・バレル シラーズ

発売日: 2016年3月7日

容量/アルコール度数:750ml / 15度

希望小売価格: ¥2,250(税別)

使用ブドウ品種: バロッサ・ヴァレー産の厳選したシラーズを使用

熟成: 通常のワイン熟成に使用するオーク樽と、スコッチウイスキーの熟 成に使用された樽の二重熟成

舞い上がるような甘草のスパイスや熟れたプラム、トーストのノート。フルボディで芳醇な味わいは、ブドウ産地がバロッサ・ヴァレーであることをほのめかし、甘いレッドフルーツとダークチョコレートの魅惑的な組み合わせに補完されています。

微かなトーストとヴァニラのニュアンスは、フレンチオークとアメリカンオークの伝統的なオーク樽に由来し、スコッチウイスキー樽で仕上げることによって丸みを帯びています。奥にはアーモンドの殻のニュアンスも感じられ、力強さを緩和しながら滑らかさが驚くほど表現されています。

ジェイコブス・クリーク ダブル・バレル カベルネ・ソーヴィニヨン

発売日: 2016年3月7日

容量/アルコール度数:750ml / 14度

希望小売価格: ¥2,250(税別)

使用ブドウ品種: クナワラ産の厳選したカベルネ・ソーヴィニヨンを使用

熟成: 通常のワイン熟成に使用するオーク樽と、アイリッシュウイスキー の熟成に使用された樽の二重熟成

鮮やかなカシスの香りと、ミント、ダークオリーブとカラメルのノート。はじめに明瞭なタンニンが口中に広がり、その後、熟したカシス、オリーブのタプナードと、複雑なセイボリーのニュアンスが感じられます。繊細で洗練されたタンニンが、トーストのような複雑な味わいをもたらし、素晴らしい後味へ導きます。

年季の入ったアイリッシュウイスキーを熟成したアメリカンオーク樽で、さらに数ヶ月ほど熟成させる “ダブル・バレル仕上げ” が、無数のフレーバーの層を統合し、卓越した豊かさを口中にもたらします。

ジェイコブス・クリークとは

1847年に創業し、長いワイン造りの歴史を持つ「ジェイコブス・クリーク」は、現在、生産国であるオーストラリアで最大の販売量を誇り、オーストラリアのワイン産業を牽引するパイオニアです。

多様性に富んだ気候や地形、土壌が広がるオーストラリアは、様々なブドウ品種が栽培されている希有なワイン生産国。その中でも、「ジェイコブス・クリーク」のワイナリーがある南オーストラリア州のバロッサは、ワールドクラスのシラーズやリースリングの産地として、世界中のワインを愛する人々から注目を集めています。 バロッサの歴史、それは「ジェイコブス・クリーク」の歴史です。創業者のヨハン・グランプは、ジェイコブス・クリークと名付けられた小川のほとりに定住しながら、バロッサバレーで初めてブドウ畑を開墾し、1850年には最初のワインが醸造されました。ヨハン・グランプの情熱は、その後何代にも受け継がれ、1976年にワイナリーと同じ名を冠したワイン「ジェイコブス・クリーク」が誕生しました。

「ジェイコブス・クリーク」は、さらなる成長を続け、2008年には世界のベストワイナリー100で1位にランキングされるなど、通算7,000を超える賞を獲得。これは、全スタッフが創業時からの情熱を受け継ぎ、ブドウ栽培から、醸造、ボトリングまで、妥協のないワインづくりから生まれる最高の品質が評価された結果です。

「ジェイコブス・クリーク」では、品質に多大な影響をもたらす上質なブドウを栽培・管理するため、自社栽培チームに加え、優れた技術力を持つ120以上のブドウ栽培農家と契約。キメ細かな栽培・管理を行っています。確かな品質で応え続けるブドウ栽培家は、尊敬の念を込めて “ワイン栽培家” と呼ばれ、各ヴィンテージの最初のテイスティングはセラーではなくブドウ畑で行われます。

「ジェイコブス・クリーク」は世界中で愛飲され、その信頼性と一貫した品質の高さが、世界のワイナリーが目指すひとつのスタンダードになっています。

ジェイコブス・クリーク

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.