酸っぱいだけじゃない!実はすごい実力の持ち主バルサミコ酢

はじめに

ワインに合う料理を作る時、サラダなどに良く使われるのがバルサミコ酢。

でも、ドレッシング以外にあまり登場する機会がなくて、パントリーで眠っているという人も多いですよね?この 黒いお酢、実はすごい実力の持ち主なのです。今回はこのバルサミコ酢からつくる、バルサミックグレイズをご紹介します。

バルサミコ酢とは

バルサミコ酢は、ワインビネガーと同じくぶどうを原料とした果実酢の一つ。ワインのように格付けがあり、北イタリアのモデナ地方とレッジョ・エミリア地方で作られた、12年物と25年物だけが「伝統的なバルサミコ酢(Aceto Balsamico Tradizionale)」と名乗れるとされています。

ワインビネガーがぶどうを発酵させて造られるのに対して、バルサミコ酢はよく熟したブドウ果汁を煮詰めた後、樽の種類を変えながら何年も熟成させて造られます。イタリア語でバルサミコは「香り高い」ことを意味し、熟成期間が長いものほど味や香りが良く、値段も高価になっています。

バルサミックグレイズとは

バルサミコ酢はもともと、ぶどうの果汁を煮詰めたもの。それをさらに加熱して酸味をとばすことで、独特の甘みが引き出されます。一旦沸騰したらごく弱火にして、時々かき混ぜながら様子を見ます。半分くらいの量になるまで煮詰めたら出来上がり。こうして出来たものを、バルサミックグレイズと呼びます。

煮詰める時に好みでブラウンシュガーを少々足すと良いでしょう。バターをひとさじ加えることで、お肉とバツグンの相性のソースにも早変わり。フルーツやアイスクリームにかけても、とても美味しくいただけます。

まとめ

バルサミックグレイズを振り散らしたトマトのカプレーゼは、いつものテーブルをより華やかに彩ります。ちょっとしたおもてなしの際に、ぜひお試しください。

日仏貿易
ALCE NERO(アルチェネロ)有機バルサミコ・ビネガー 250ml
Amazonで見る
味の素
味の素 信州アルプス工場木樽熟成バルサミコ酢 500ml
Amazonで見る

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.