レストランでのホスト・テイスティングの正しい対処法

はじめに


レストランでワインをオーダーすると聞かれる「テイスティングなさいますか?」という言葉...ソムリエがまずホスト役に味見をするように促してきます。

これをホスト・テイスティングと言います。

もしワインにそこまで詳しくないとドキドキしてしまいますよね。そんなホスト・テイスティングですが、実は難しくありません。今回は「ホスト・テイスティングの方法」についてご紹介します。

ポイントさえ押さえれば簡単なので、ぜひ参考にして下さい。

そもそも何のための味見?


「テイスティングで美味しくなかったらワインを変えていいの?」といった疑問も聞かれますが、ホスト・テイスティングは味の良し悪しをチェックしているのではなく、注文したワインに品質上の問題がないかをチェックしています。

ソムリエがワインを持ってきたら「こちらが○○でございます。」と言ってラベルを見せてくれるので、その際、注文したワインが合っているかラベルを確認しましょう。間違っているワインを持ってきていたらこの時点で気付くことができます。

見た目を確認


その後、ワインが開けられたらグラスに少しだけ注がれます。いきなり飲むことはしないで、目で見て不純物が入っていないか確認しましょう。

最近はわざと濾過をしないで濁りを残したワインも多いので、濁っていなく透明度の高いワインだけが正しいということはありませんが、何かおかしかったらソムリエに訪ねましょう。少し余裕のある方は「きれいな色ですね。」とか「色が濃い目ですね。」とか一言付け加えても良いと思います。

香りを確認


グラスから香りをとりましょう。いきなりグラスをまわすことはせず、最初はそのままの香り、その後、数回まわして香りをとって下さい。まわし方は右手で持つなら反時計回りに、左利きで左手で持ちたい方は、時計回りに回すことが良いとされています。

どちらの回転も自分に向けて回っています。もしグラスを倒してしまっても自分にかかるため、隣の人にワインをかけてしまうことがないからです。

この時に「ブショネ」と言われるワインのコルクが原因で起きるとされる不良があると「コルクの香りがワインについているような香り」「カビ臭い」感じがあります。その時は交換してくれるのでソムリエに伝えて下さい。

また、香りも余裕があれば「良い香りですね。」とか「カシスみたいな香りがしますね。」などと言えるとコミュニケーションの幅が広がって楽しくなると思います。

味わいを確認


最後に実際にグラスに入っているワインを一口でテイスティングしましょう。

テイスティングのために注がれたワインは基本的には残さないように飲み干してしまいます。余韻の印象までしっかりと感じとって、劣化したような味わいや酸化したような味わいがないか確認して下さい。

最後にソムリエにそのワインが大丈夫か伝える


テイスティングはそのワインが「劣化していないかどうか」「なにか問題があるか」と確かめるためのものです。なにも問題がないとわかったら「結構です」や「皆さん(同席者)にもついで下さい」などと伝えて、ワインを飲み始めて下さい。

万が一問題のあるワインだった場合はワインを交換してくれますが、そのワインがあまり好みではなかったとしても、ワイン本来の味であればワインの交換はできません。

わからなかったらソムリエに任せてしまう


ホスト・テイスティングが面倒くさいという方や実際には自分で劣化を確かめられるかわからないという方もいらっしゃると思います。そんな方は信頼できるソムリエが相手でしたらテイスティングしなくても構いません。

ただ、テイスティングをしないと同席者を不安に思わせてしまうこともあるかもしれません。ソムリエにお任せすることは悪いことではありませんので、同席者を安心させるためにも「あなたがテイスティングして大丈夫だったなら良いですよ」などと言って堂々とお任せしてしまいましょう。

テイスティングは長々と時間をとる必要はありませんし、やり方さえわかれば一瞬で終わってしまいますし、ソムリエに任せるという手段もあります。

緊張の一瞬を楽にして、その後のワインの会を楽しく過ごして下さい。

ブログ | twitter
東京都渋谷区在住。ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.