超簡単でヘルシーなレシピ!ロースハムの白菜蒸し

暖かい陽が差したかと思えば時折雪が舞い、春の足音が待ち遠しい今日この頃です。こんな季節はお料理で一足先に春を感じてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介するレシピは、ハムのピンク色と白菜の淡い緑に春を感じる「ロースハムの白菜蒸し」。ロースハムを白菜で蒸すだけの超簡単でヘルシーなレシピです。

ロースハムは蒸すことでやわらかく厚みのある食感となり、肉っぽさが増します。そのため普段はサイドディッシュ扱いのロースハムでもメインディッシュとして使えます。また、ハムの旨味を吸ったトロトロの白菜は、油分が抜けてまろやかになったハムによく合います。

材料:2人分

ロースハム 6枚

白菜 1/4玉

塩 小さじ1/2

コショウ 少々

作り方

【1】白菜は底の芯を切り落として洗います。柔らかい葉先と固い中心部を分け、それぞれ約3〜4cm角のザク切りにします。

【2】固い中心部が底になるように鍋に白菜を入れ、塩をパラパラと振ります。次にロースハムを入れます。ハム同士がくっつかないよう、間に白菜を数枚はさみます。

【3】フタをし、弱めの中火で15分蒸し煮にします。白菜の水分で充分蒸すことができますが、焦げ付きが気になる場合は弱火にするか、水を30〜50ml足して下さい。蒸し上がったら蒸気に気を付けてフタを開け、皿に盛り付けます。最後にコショウを振ってでき上がりです。

まとめ

いかがでしたか?

このようなシンプルメニューには、ライトな果実味で素材を引き立てるロゼワインがピッタリです。淡いピンク色も料理に華やかさを添えてくれます。ハムとの相性もお墨付きですね。

ぜひ試してみて下さい。

TAGS

もっと、主体的にワインを選びたい…。私は常々そう思っていますし、多くの人が同じ思いを抱いているのではないでしょうか。家飲みライフがより楽しくなるようなコラムをお届けしたいと思っています。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.