超簡単でヘルシーなレシピ!ロースハムの白菜蒸し

暖かい陽が差したかと思えば時折雪が舞い、春の足音が待ち遠しい今日この頃です。こんな季節はお料理で一足先に春を感じてみてはいかがでしょうか。

今回ご紹介するレシピは、ハムのピンク色と白菜の淡い緑に春を感じる「ロースハムの白菜蒸し」。ロースハムを白菜で蒸すだけの超簡単でヘルシーなレシピです。

ロースハムは蒸すことでやわらかく厚みのある食感となり、肉っぽさが増します。そのため普段はサイドディッシュ扱いのロースハムでもメインディッシュとして使えます。また、ハムの旨味を吸ったトロトロの白菜は、油分が抜けてまろやかになったハムによく合います。

材料:2人分


ロースハム 6枚
白菜 1/4玉
塩 小さじ1/2
コショウ 少々

作り方


【1】白菜は底の芯を切り落として洗います。柔らかい葉先と固い中心部を分け、それぞれ約3〜4cm角のザク切りにします。









【2】固い中心部が底になるように鍋に白菜を入れ、塩をパラパラと振ります。次にロースハムを入れます。ハム同士がくっつかないよう、間に白菜を数枚はさみます。








【3】フタをし、弱めの中火で15分蒸し煮にします。白菜の水分で充分蒸すことができますが、焦げ付きが気になる場合は弱火にするか、水を30〜50ml足して下さい。蒸し上がったら蒸気に気を付けてフタを開け、皿に盛り付けます。最後にコショウを振ってでき上がりです。





まとめ


いかがでしたか?

このようなシンプルメニューには、ライトな果実味で素材を引き立てるロゼワインがピッタリです。淡いピンク色も料理に華やかさを添えてくれます。ハムとの相性もお墨付きですね。

ぜひ試してみて下さい。

もっと、主体的にワインを選びたい…。私は常々そう思っていますし、多くの人が同じ思いを抱いているのではないでしょうか。家飲みライフがより楽しくなるようなコラムをお届けしたいと思っています。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.