ワインの香りを探る!ワインの香りから読み取れることとは?

はじめに

ワインの香りの表現は沢山あります。

味わうことに香りは関係ないように思われますが、味覚と嗅覚は密接に関係しているので香りはとても重要です。自分で表現することは最初は難しくても、表現されているワインがどんな味わいのものになるかわかると、ワイン選びもまた一段と楽しくなると思います。

第一アロマ、第二アロマ、第三アロマ...香りには第一アロマから第三アロマまであります。

第一アロマはブドウ品種本来の香りで果物や花の香りがあり、香りをとってすぐに感じるものです。第二アロマは醸造や発酵に由来した香りです。乳製品などの香りがあり、空気に触れることによって様々な香りが立ちあがってきます。第三アロマは熟成によって生じる香りです。キノコや葉巻、紅茶などの香りがあります。

果物の香りからわかること

白ワインの香り

柑橘系 (レモン、ライム、グレープフルーツなど) 

↓木なりフルーツ (赤りんご、青リンゴ、黄リンゴなど) 

桃 (白桃、黄桃など) 
あんず 
トロピカルフルーツ (パパイヤ、マンゴー、バナナ、メロンなど)

赤ワインの香り

赤系フルーツ (チェリー、プラム、ラズベリーなど)

↓ ブルーベリー

↓ 黒系フルーツ (ブラックベリー、ブラックチェリー、カシスなど)

↓ いちじく

↓ 干しブドウ

これだけではありませんが、果物の香りではこの辺りの表現がよく使用されます。ここにあげてあるものは上の順番に酸味の強いものから甘いものになっています。

香りと味わいは似ている?

実はワインは基本的には香りと同じような味わいがします。果物の香りに沿って、酸っぱそうなフルーツの香りがよくするものは酸味が強いワインだったり、トロピカルな香りやジャムのような香りがするものは辛口であってもふくよかな味わいのワインであったりすることが多いです。

産地も、甘い香りのものがするほど南のほうの暖かい産地のワインだったりします。

白ワインは熟成するほどドライフルーツやはちみつ干草の香り、赤ワインはキノコや皮製品の香りがします。また、樽で熟成している場合はバニラの香りなど、赤ワインは珈琲やナッツの香りがします。

この全てがバランスよく混ざり合ってワインの香りとなっていて、もちろん熟成するにつれて香りも変化していきます。果物以外の香りは熟成具合やどのような樽で熟成していたか、などがわかります。

最初は、果物の香りに焦点を置くと味わいがわかりやすいと思います。

まとめ

味わいというものは香りが大きく影響しているので、一番重要なのは、フルーツの香りの部分です。

例えばドリアンなどのすごく臭い食べ物なども鼻をつまむと食べたりできますよね。風邪をひいて鼻がつまると食事の味がしなくなるように、嗅覚と味覚は密接に関係しています。味わいの中には嗅ぐ行為も含まれています。

難しいのはワインの世界には例外とか意外性のあるワインも多いことなのですが、大体は香りから想像できる期待を裏切らない味をしていると思います。想像と違う味わいだったとしてもそれも楽しめるのがまた良いところです。

ワイン好きの方はワインを味わう前に少しだけ、香りを嗅いでみて下さい。世界が広がると思います。

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.