ワイン好きなら取り入れたい、ワインセラーのある部屋。


ワインセラーという言葉、ワイン好きにはたまらなく素敵な響きですね。

ワインセラーは、ワインを最適な温度に保つことはもちろん加湿機能があるものならば、長期熟成にも向いています。

長期熟成用のワインは本数が増えれば増えるほど、広い面積を占めてくるので、家を購入するときからワインセラーのスペースを考慮に入れておくことが必要です。また普段用のワインならすぐに手が届くスペースに置いておきたいのでコンパクトなものが向いていますね。コンパクトなワインセラーならインテリアとしての機能を考えたいものです。

ニューヨークではワインセラーがあるかないかが、家を売却する際の大きなポイントになるそうですよ。今回は素敵にワインセラーを取り入れたお部屋をご紹介します。

地下に収納


出典:https://blogof.francescomugnai.com/

ワインセラーといえば地下室にあるイメージですよね。光を苦手とするワインですので地下室はピッタリの場所です。わくわく感が高まりそうな場所でもありますね。

階段下に収納


出典:http://www.customwinecellarslosangeles.com/

階段下の空間を有効利用したワインセラーです。

出典:http://www.lushome.com/

こちらも階段下を利用したワインセラー。

木目で統一


出典:https://blogof.francescomugnai.com/

木目や皮等の重厚感のある空間がワインにピッタリ合います。

出典:http://www.carlogarn.com/

木箱を利用した収納インテリアはすぐにでも真似できそうですね。

見せるデザイン


出典:http://www.carlogarn.com/

階段横の扉を開けるとワインセラーが!透明なドアや窓で、敢えてセラーの中を廊下から見せているのがオシャレですね!

バーカウンターを使用


出典:http://www.homebunch.com/

ワインに囲まれたテイスティングテーブルが素敵です。ワインを眺めているだけですぐに時間が経ってしまいそうです。

出典:http://blog.urbanelectricco.com/

普段使いのワインなら、ワインセラーとバーカウンターと合わせた空間に。カジュアル感のあるオシャレな演出ですね。

ワインセラーがあると料理に合わせたワインとのマリアージュを楽しむ機会が増えて、
まるでご自宅がレストランのようになりますね。自分の時間も、家族との時間も素敵に演出してくれそうです。

ワインを飲み続けて15年。建築関係の仕事をしながら、ライターとしても活動中。ワイン片手に読んでいただけるようなお話をお届けします。犬好き、コーヒー好き、ハワイ好きもちろんワイン好き。未来の夢はハワイに住むことです。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.