ワイン好きなら取り入れたい、ワインセラーのある部屋。


ワインセラーという言葉、ワイン好きにはたまらなく素敵な響きですね。

ワインセラーは、ワインを最適な温度に保つことはもちろん加湿機能があるものならば、長期熟成にも向いています。

長期熟成用のワインは本数が増えれば増えるほど、広い面積を占めてくるので、家を購入するときからワインセラーのスペースを考慮に入れておくことが必要です。また普段用のワインならすぐに手が届くスペースに置いておきたいのでコンパクトなものが向いていますね。コンパクトなワインセラーならインテリアとしての機能を考えたいものです。

ニューヨークではワインセラーがあるかないかが、家を売却する際の大きなポイントになるそうですよ。今回は素敵にワインセラーを取り入れたお部屋をご紹介します。

地下に収納


出典:https://blogof.francescomugnai.com/

ワインセラーといえば地下室にあるイメージですよね。光を苦手とするワインですので地下室はピッタリの場所です。わくわく感が高まりそうな場所でもありますね。

階段下に収納


出典:http://www.customwinecellarslosangeles.com/

階段下の空間を有効利用したワインセラーです。

出典:http://www.lushome.com/

こちらも階段下を利用したワインセラー。

木目で統一


出典:https://blogof.francescomugnai.com/

木目や皮等の重厚感のある空間がワインにピッタリ合います。

出典:http://www.carlogarn.com/

木箱を利用した収納インテリアはすぐにでも真似できそうですね。

見せるデザイン


出典:http://www.carlogarn.com/

階段横の扉を開けるとワインセラーが!透明なドアや窓で、敢えてセラーの中を廊下から見せているのがオシャレですね!

バーカウンターを使用


出典:http://www.homebunch.com/

ワインに囲まれたテイスティングテーブルが素敵です。ワインを眺めているだけですぐに時間が経ってしまいそうです。

出典:http://blog.urbanelectricco.com/

普段使いのワインなら、ワインセラーとバーカウンターと合わせた空間に。カジュアル感のあるオシャレな演出ですね。

ワインセラーがあると料理に合わせたワインとのマリアージュを楽しむ機会が増えて、
まるでご自宅がレストランのようになりますね。自分の時間も、家族との時間も素敵に演出してくれそうです。

ワインを飲み続けて15年。建築関係の仕事をしながら、ライターとしても活動中。ワイン片手に読んでいただけるようなお話をお届けします。犬好き、コーヒー好き、ハワイ好きもちろんワイン好き。未来の夢はハワイに住むことです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.