世界標準となる注目産地「マーガレット・リヴァー」とヴァス・フェリックス

ブドウの収穫が終わり、ワイン仕込が始まったばかりのオーストラリアのワイナリーを視察してきました。

今回は、これまでのニューワールド(新世界)ワインというジャンルに留まらず、世界の標準となるべく最新のワイン造りへと進化している今注目のワイナリーをご紹介します。

西オーストラリア最古のワイナリー「ヴァス・フェリックス」

西オーストラリアの西端に“マーガレット・リヴァー”を創立した「ヴァス・フェリックス社」はあります。

1967年よりトム・カリティー博士によってブドウ栽培が始まり、今現在も博士の意思を引き継いで、更なる進化をしているワイナリーです。 男前な女性醸造家ヴァージニア・ウィルコックは、2006年からマーガレット・リヴァーで20年以上のキャリアを持ち、2012年にはオーストラリアのワイン専門誌にてメーカー・オブ・ザ・イヤーを受賞した“ヴァージニア・ウィルコック”女史がチーフ・ワイン・メーカーとなりました。

世界でも唯一無二の奇跡的な地

太古インドと繋がっていたとも言われる岩盤プレートと地中海性気候による温暖で独特な土壌が、世界でも稀なミネラル感豊富なワインを生みだしています。

今ではこの地ならではのブドウと“ヴァージニア”女史の斬新でアグレッシブな醸造方法により最先端のワイナリーとしても注目を集めています。 また、スタンダードから上級クラスの“ヘイツベリー”まであり、各々樽の使用率の違いによる味わいが楽しめます。

Sauvignon Blanc Semillon ソーヴィニョン・ブラン セミヨン

 ライムやハーブのような爽やかなソーヴィニョンの風味とスパイス系のニュアンスのあるセミヨンのオリエンタルな風味が素晴らしいバランスを醸し出してます。

現地でもよく食べられているコリアンダー(パクチー)などを使ったエスニック料理との相性も抜群です。

※ソーヴィニョン・ブラン/セミヨン   

Heytesbury Chardonnay ヘイツベリー・シャルドネ

上質なシャルドネ特有の蜜のニュアンスや香ばしいローストしたナッツの風味と別にグレープフルーツのような柑橘の爽やかさもあり、ブルゴーニュのシャルドネとは一線を画す味わいです。

新玉ねぎや海水の塩気と旨みのある貝類などと合わせるとリッチな気分になります。

※シャルドネ 100%

Heytesbury ヘイツベリー

ブラックベリーなど黒い果実にブラックペッパーなどのスパイス香が溶け込んだボルドースタイル造り。樽による深みとコクもあるが、綺麗な酸がエレガントさを感じさせてくれている為、重苦しいだけの味わいではありません。

家庭でも手軽に手に入るオージービーフなどを塩胡椒でシンプルに焼き上げて合わせると、ホームパーティも盛りあがることでしょう。

※カベルネ・ソーヴィニョン75%、プティ・ヴェルド15%、マルベック10%

まとめ

ボルドー(フランス)、ナパヴァレー(アメリカ)、ボルゲリ(イタリア)に次いで、カベルネの4大産地の仲間入りするであろうと言われているマーガレット・リヴァー。

内陸気候の上級ブルゴーニュにはない、海洋性ミネラル豊富なシャルドなど、この地でしか表せない新しいワインの味わいに目が離せません。

小売価格で¥3,500~¥8,000程ではありますが、世界の数ある銘醸高級ワインとのクオリティを比較したらリーズナブルなのではないでしょうか?

JSA認定シニアソムリエ/ワインコーディネーター/ワインセラー
都内フレンチレストランでワイン業務に従事した後に九州へ帰郷。2005年にJSA認定シニアソムリエの資格取得。現在は九州の酒販店のワインセールス業務の傍ら、「フリースタイルワイン&フード」を主宰。主に九州一円でのワインイベントや九州ワイナリーツアーを企画・開催。また、料飲店様向けのワインコンサルとしても活動中。個人的には五島ワイン(長崎)の応援団も勤める。趣味は料理。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.