要らなくなったワインのコルクをオシャレにリメイクさせる活用法6選

出典:https://jp.pinterest.com/

ワインのコルクは飲んだあとどうしてますか?捨てている人がほとんどだと思いますが、カードスタンドや壁紙まで、とってもオシャレなインテリアに変わります。

実はアイデア一つでオシャレアイテムにチェンジする、無限の可能性を秘めているのです。そんな素敵なアイデアをご紹介します。

カードスタンドに


出典:http://www.colincowieweddings.com/

ウェディングのゲストの席がどこなのかを示すネームカードの台としても、使えます。お酒を飲むお祝いの席にも大人のオシャレさを加えてくれますよね。

カードをサイドで支える形にしてもオシャレさアップですね☆

出典:http://sallywilsonshops.tumblr.com/

植物とのマリアージュもGOOD!


出典:http://www.shineyourlightblog.com/

木の樹皮から作られているコルクだけあって、植物との相性もとってもいいのです。植物の名前を書いてプランターにさしておけば、ネームプレートの完成です。

すごく簡単なのにセンスの良さを感じますよね。

出典:https://www.beckmenvineyards.com/

プランターにも変身です。こちらはプランターの側面に接着剤でコルクを貼りつけているだけ。なんでもないプランターがワンランクアップしますよね。

コルクをカットして


出典:https://jp.pinterest.com/

コルクをカットして使うとさらにアイテムが広がり、なんとアクセサリーにもなっちゃいます。色を塗ったり絵を描いたり、アイデアが広がりますね。

イヤホン収納に


出典:https://jp.pinterest.com/

作り方は簡単!コルクの上部にイヤホンジャックを差し込む穴を開けて、コルクの下部には、ナイフ等でイヤホンを引っ掛ける切り目を入れるだけです。

あとはイヤホンコードをコルクに巻き付ければ完成です。イヤホンがカバンの中でぐちゃぐちゃになっちゃう方はぜひお試しください。

コルク集めにはこれ!


出典:http://www.designimprovised.com/

透明な花瓶に入れておくだけでとってもおしゃれ!

集めている過程もオシャレなインテリアになるのがコルクのいいところ。オシャレなインテリアを眺めながら創作意欲を高めていきたいですね。

壁に貼って、オシャレなアクセントに


出典:https://www.buzzfeed.com/

半分にカットして壁に貼ってしまえばそれだけで、ワインの似合うコーナーが出来上がります。

いつもワインを守っているコルクだからなのか、不思議とどれもワインが似合う大人アイテムになります。いつでもコルクを側に置いて、ワインへの愛を高めていきたいですね。

ワインを飲み続けて15年。建築関係の仕事をしながら、ライターとしても活動中。ワイン片手に読んでいただけるようなお話をお届けします。犬好き、コーヒー好き、ハワイ好きもちろんワイン好き。未来の夢はハワイに住むことです。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.