要らなくなったワインのコルクをオシャレにリメイクさせる活用法6選

出典:https://jp.pinterest.com/

ワインのコルクは飲んだあとどうしてますか?捨てている人がほとんどだと思いますが、カードスタンドや壁紙まで、とってもオシャレなインテリアに変わります。 実はアイデア一つでオシャレアイテムにチェンジする、無限の可能性を秘めているのです。そんな素敵なアイデアをご紹介します。

カードスタンドに

出典:http://www.colincowieweddings.com/

ウェディングのゲストの席がどこなのかを示すネームカードの台としても、使えます。お酒を飲むお祝いの席にも大人のオシャレさを加えてくれますよね。 カードをサイドで支える形にしてもオシャレさアップですね☆ 出典:http://sallywilsonshops.tumblr.com/

植物とのマリアージュもGOOD!

出典:http://www.shineyourlightblog.com/

木の樹皮から作られているコルクだけあって、植物との相性もとってもいいのです。植物の名前を書いてプランターにさしておけば、ネームプレートの完成です。 すごく簡単なのにセンスの良さを感じますよね。 出典:https://www.beckmenvineyards.com/

プランターにも変身です。こちらはプランターの側面に接着剤でコルクを貼りつけているだけ。なんでもないプランターがワンランクアップしますよね。

コルクをカットして

出典:https://jp.pinterest.com/

コルクをカットして使うとさらにアイテムが広がり、なんとアクセサリーにもなっちゃいます。色を塗ったり絵を描いたり、アイデアが広がりますね。

イヤホン収納に

出典:https://jp.pinterest.com/

作り方は簡単!コルクの上部にイヤホンジャックを差し込む穴を開けて、コルクの下部には、ナイフ等でイヤホンを引っ掛ける切り目を入れるだけです。 あとはイヤホンコードをコルクに巻き付ければ完成です。イヤホンがカバンの中でぐちゃぐちゃになっちゃう方はぜひお試しください。

コルク集めにはこれ!

出典:http://www.designimprovised.com/

透明な花瓶に入れておくだけでとってもおしゃれ! 集めている過程もオシャレなインテリアになるのがコルクのいいところ。オシャレなインテリアを眺めながら創作意欲を高めていきたいですね。

壁に貼って、オシャレなアクセントに

出典:https://www.buzzfeed.com/

半分にカットして壁に貼ってしまえばそれだけで、ワインの似合うコーナーが出来上がります。 いつもワインを守っているコルクだからなのか、不思議とどれもワインが似合う大人アイテムになります。いつでもコルクを側に置いて、ワインへの愛を高めていきたいですね。

ワインを飲み続けて15年。建築関係の仕事をしながら、ライターとしても活動中。ワイン片手に読んでいただけるようなお話をお届けします。犬好き、コーヒー好き、ハワイ好きもちろんワイン好き。未来の夢はハワイに住むことです。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.