入手困難!国産ベストワインにも選ばれた!熊本ワインの「菊鹿シャルドネ」

今回ご紹介するワインは、国内外から高い評価を得ている、熊本ワインの「菊鹿シャルドネ」です。熊本ワインは、熊本で初めての本格的体験型ワイナリーとして、熊本でも人気の観光スポット。熊本県内産の葡萄にこだわり、地元の農家さんと一丸となって、素晴らしいレベルのワインを造っています。

「菊鹿シャルドネ」は、熊本県北部にある菊鹿町の契約農家で栽培された“シャルドネ”を使用した、九州産のワイン中でも毎年人気の1本。一般の愛好家の方々はもちろん、全国のソムリエさんなどプロの方々からも高い評価を受けています。

熊本ワイン 菊鹿シャルドネ 

生産国:日本、熊本県

タイプ:白ワイン

品 種:シャルドネ100%

ワイナリー開業当初はお土産用の甘口タイプなどが主流でしたが、本格的なワイン造りを目指し、今では国内でもトップクラスの辛口国産白ワインとして認められるようになりました。

現行ヴィンテージは2015年に収穫されたワインに2014年収穫分の樽熟成ストックがブレンドされています。2015年は国産ベストワインに選ばれ、部門別に金賞・銀賞を受賞しました。

風味と味わい

2015年は天候にも恵まれ、非常に上質なシャルドネが出来ました。そこに2014年分の樽熟ストックワインが、厚みのある酒質と旨みを与えてくれています。

シャルドネ特有のトロピカルな香りに、ほのかなグレープフルーツのような柑橘香とハーブやジャスミンティなどの清々しさが感じられます。飲み始めは8℃頃からスタートして酸を楽しみ、徐々に温度を上げることによりシャルドネのナチュラルな甘みとミネラル感が味わえます。

今回は熊本の「天草産の地ダコのしゃぶしゃぶ」と合わせてみました。入り組んだ半島の天草はタコの産地としても有名で、全国からタコを目当てに観光で来られる方も沢山いらっしゃいます。

お刺身でも良いですが、昆布だしやアゴ(飛び魚)だしで軽くしゃぶしゃぶすると更に甘みと旨みが際立ち、菊鹿シャルドネのミネラル感と非常にマッチします。また、ポン酢に九州では定番の「カボス」などの柑橘をプラスすることにより、シャルドネの酸と相乗してシャープさが増します。

まとめ

「菊鹿シャルドネ」は毎年限定数量しか生産されないため、すぐに完売となってしまいます! 阿蘇の複雑な大地や有明海の潮風なども相重なり、九州のみならず日本の様々な食材を使用した料理によく合うので、ぜひ試してみて下さい。

熊本ワイン
菊鹿シャルドネ 750ml
Amazonで見る

JSA認定シニアソムリエ/ワインコーディネーター/ワインセラー
都内フレンチレストランでワイン業務に従事した後に九州へ帰郷。2005年にJSA認定シニアソムリエの資格取得。現在は九州の酒販店のワインセールス業務の傍ら、「フリースタイルワイン&フード」を主宰。主に九州一円でのワインイベントや九州ワイナリーツアーを企画・開催。また、料飲店様向けのワインコンサルとしても活動中。個人的には五島ワイン(長崎)の応援団も勤める。趣味は料理。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.