デトックスウォーターと楽しもう!フレッシュフルーツのサングリア

最近では5月から真夏日を記録する地域も多く、季節はすっかり初夏ですね。夏のワインといえば、やっぱりサングリア! サングリアはスペインやポルトガルのフレーバードワインで、清涼感があるため夏場によく飲まれることが多いお酒です。今回は赤ワインにイチゴとレモンを加えたサングリアのレシピをご紹介します。

イチゴはそろそろ食べ納めですが、粒がそろっていないものや、少し傷みぎみのものでもサングリアにすればおいしく頂けるのでおすすめです。生のイチゴが手に入らない場合は、冷凍のイチゴでもいいですし、他のベリー系果実でもOKです!

ベリーの甘い風味とレモンの爽やかさをお楽しみ下さい。

材料:4人分

赤ワイン 1/2本(飲み残しや安価なものでOK)
イチゴ 10粒程度
レモン 1/2個
砂糖 大さじ2
ブランデー 大さじ1
サングリアを割る水や炭酸水、氷など

作り方

【1】イチゴはヘタを除いて縦半分に切る。(大きいものは四等分にする。)レモンは輪切りにする。

【2】瓶やピッチャーなどにイチゴとレモン、赤ワインと砂糖、ブランデーを加えてよく混ぜる。 【3】2~3時間ほど冷蔵庫で味を馴染ませたら完成。氷や水、炭酸水を加えて頂きましょう。お好みでミントを加えてどうぞ!

氷を入れただけのロックでもおいしいですが、お酒が弱い方やゴクゴク飲みたい時は水や炭酸水で割ってもおいしいです。

レモンとミントを加えたデトックスウォーターもおすすめです。甘めの味が好みの方は、砂糖を多めにするか、甘味のあるソーダで割るのもよいでしょう。また、ピッチャーではなくボウルで作ればパーティーなどで大活躍するパンチボウルとして楽しめます。

デトックスウォーターを組み合わせて

デトックスウォーターはここ数年話題になっているミネラルウォーターに果物や野菜、ハーブ等を加えた飲み物です。

水に溶けやすいビタミンやミネラルを水分とともに摂取できること等から、美容と健康によいと人気です。サングリアを水や炭酸水で割るだけでもおいしいですが、せっかくなのでデトックスウォーターで割って飲んでみてはいかがでしょう!

レモンとミントのデトックスウォーターは爽やかで飲みやすく、デトックスウォーター初挑戦の方にもおすすめで、サングリアを割るのにもぴったりです。もちろん他の果物やハーブでもOKです。この夏は色々なアレンジでデトックスウォーターとサングリアを楽しんでみてはいかがでしょう。

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.