日本ワインと地産食材にこだわる古民家ビストロ「燕食堂」

東京、新宿区市ヶ谷にある「燕食堂」は、日本ワインと地産食材をふんだんに使ったビストロ料理を提供する古民家食堂。都会のビル群を横目に小道を入ると、突如現れる古民家のアンバランス感が和みます。

店内は趣ある古材をふんだんに使用した温もりのあるモダンな空間です。フロアは1階と2階があり、さまざまなシーンで利用しやすいお店です。

燕食堂は食材から「メイド イン ジャパン」に拘っていて、取り扱っているワインも日本ワインが中心。北は岩手、秋田から、南は大分まで…。山梨、長野はもちろん、大阪、広島のワインなど、燕食堂厳選のバラエティーに富んだラインナップです。 今回、燕食堂のオーナーシェフである楢原さんに、日本ワインに対するこだわりを伺って来ました。

燕食堂の歴史とコンセプトを教えて下さい。 もともとは、「燕STUDIO」という名前で、古民家をリノベーションしたレンタルスタジオで、1階がダイニング、2階にヨガスタジオがありました。名前の通り2階のヨガスタジオがメインで、ダイニングは2の次だったんです。 しかし、この場所にはOLの女性が多く、やはり地域の人を喜ばせる事ができなければいけないとの思いから、今では2階のヨガスタジオもクローズして、完全に1つの飲食店としてリニューアルオープンしました。 コンセプトは日本人が最も美味しいと思える料理とお酒を追及して、それを提供できるお店です。その使命から、最終的に行きつくところは自給自足ですね。まさに「made in japan」の飲食店なんですが、さすがに僕1人の力では限界があるので、野菜は島根県江津市にあるNAO FARMさんより、有機・減農薬野菜を直送で送っていただいています。

チーズは北海道亀田郡にある山田農場さんから直接届く、山羊と羊の混合乳を原料にしたチーズ「ガロチーズ」を使用しています。お肉も既に産地直送にしていて、ゆくゆくは漁師さんも巻き込みたいなと考えています。

また、10種類以上のシャルキュトリーは仕込みの段階から仕上げまで全て店内で手造りしています。また、自家培養した天然酵母を使ったパンも店内で作っています。 そのコンセプトから日本ワインを中心に取り扱っているんですね?

そうですね。日本ワインは、「日本の土地で、日本人が造る、日本人の性格を持ったワイン」と思っているので、ワインの人柄というか、お客さんに薦める時は、ただワインを薦めるのではなく、友達を紹介するような気持ちで、ワインと仲良くなってもらいたい思いで薦めています。 そして、ワインが持っているストーリーまで知って欲しいですよね。

ワインって、どんな人によって、どんな想いで造られているのか?というところまで見えてくると途端にぐっと面白くなってきます。そこで初めてただのワインが「スペシャル」になるんです。

造り手さんが一番大事にしていらっしゃるその「スペシャル」をみなさんにお伝えして、より愉しい時間を過ごしていただくことが僕たちの仕事だと思っています。

今でこそ、日本ワインを推しているお店は多いと思いますが、日本人なので、料理というか材料から「made in japan」というこだわりを持って、もっと突き詰めていくべきだと思っています。

ワイン会も始めたとお聞きしました。

そうなんです。参加費が5,000円となりますが、その季節に最もフレッシュでユニークな日本ワイン4種類と、それに見合った料理4品を小さなコース仕立てで楽しんでいただける内容となっています。 ワインと料理のマリアージュを味わって楽しむだけではなく、ワイン会の中で、ワインは一杯一杯、お料理は一品一品、詳細な解説をセレクターとシェフ自ら解説させていただきます。

ぜひ、皆さんにも来ていただきたいですね。

最後に取り扱う日本ワインについて 僕たちは小さな、いち飲食店でしかすぎないので、取り扱うワインについては、これから伸びていくようなワイナリーさんをクローズアップして取り揃えていきたいですね。 今、情熱ある生産者の方が地域活性を行いながら、魂を込めてワインを造っている…それを知らずにワインは語れないかなと思うので。 ありがとうございました。

燕食堂ワイン会の詳細はこちら 

日時:月末の月曜日 14時~(月によって異なる場合もある)

費用:5,000円 ※予約時に「家ワインを見た」と言っていただければ1,000円割引に!

 ご予約はお一人様より承りますが、回によってはご予約を打ち切らせていただく場合もございます。

詳細のお問合せなどお気軽に燕食堂までお願い致します!

お問い合わせ:03-5229-3556

SHOP INFORMATION 燕食堂

住所:東京都新宿区市谷本村町2-33

営業時間: ランチ:11:30~14:30 ディナー:18:00~23:30

TEL: 03-5229-3556

ホームページ:http://tsubameshokudo.com/

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.