ワインボトルをオシャレなインテリアに変身させるアイデア5選

美味しく飲んだ後のワインボトルはどうしていますか? 軽く洗って一輪挿しにするのも素敵ですが、もうひと手間加えると、お部屋にあったインテリアに変身してくれるんです。 という事で、今回は、ワインボトルのオシャレなリメイクアイデアをご紹介します。最後にはガラスを簡単にカットする方法もご紹介するので、ぜひ実践してみて下さい。

ロウソクスタンドに

出典:http://www.cuded.com/

ラベルを取ってろうそくを差せば、オシャレなロウソクスタンドになりますよ。

メッセージボトルに

出典:https://www.etsy.com/

ペイントをして黒板塗料を塗って、麻ひもをアクセントに巻くと、メッセージボトルに変身です。パーティーのときやお部屋のインテリアとしてもかわいいですね。

マイデザインの花瓶に!

出典:http://www.bellalimento.com/

塗料を塗ってレースを巻けば、ロマンティックな雰囲気の花瓶に。

照明に

サイドをドリルで穴をあけて、ライトをボトルの中に詰め込めむと、ボトル型の照明が完成します。 出典:http://www.ehow.com/ 出典:http://www.thisoldhouse.com/

ソープディスペンサー

出典:http://www.livingwellspendingless.com/

透明のワインボトルに料理用のオイルにも使うキャップを付けるだけ!中身を替えるだけで、ソープディスペンサーとして使えます。

ワインボトルのカットの仕方

出典:http://www.prettydesigns.com/

【1】ボトルをきれいに洗います。ラベルがきれいに取れない場合は洗剤につけたまま一晩おくと、きれいに取れるそうですよ。

【2】ワインボトルが入る大きさの氷水を入れた容器を用意します。

【3】ボトルをカットしたい位置でタコ糸を巻きつけて軽く結びます。

【4】タコ糸を外して除光液に10秒ほどタコ糸を浸します。

【5】タコ糸をもとの位置に戻したらタコ糸に火をつけます。

【6】火の勢いが弱くなったら、氷水の中に入れます。

【7】しばらく待ってから取り出すときれいに割れています。 (切断面が危ないので触らないようにしましょう)

【8】ボトルが完全に冷めたらやすりで断面を滑らかにします。 (切断面は危ないので軍手をはめてから作業しましょう。) 動画でもどうぞ。 火を使う作業なので、周囲に燃えるものがないよう、片付けてから作業をして下さい。

まとめ

世界にただ一つのインテリアになるのがDIYの素敵なところですよね。美味しいワインを飲みながら、このボトルで何を作ろうかと考えるのも楽しいひと時ですね。 ワイン好きなお部屋にピッタリのアイテムが出来上がりますよ。

ワインを飲み続けて15年。建築関係の仕事をしながら、ライターとしても活動中。ワイン片手に読んでいただけるようなお話をお届けします。犬好き、コーヒー好き、ハワイ好きもちろんワイン好き。未来の夢はハワイに住むことです。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.