地元フランスで大人気!デイリーにおすすめのボルドーワイン「バロン ド レスタック」

はじめに

皆さんはボルドーワインと聞くと、どのようなイメージをお持ちですか?やはり「高級なワイン」とイメージされる方が多いのではないでしょうか? ボルドー地方は、フランスの南西、大西洋岸に位置するワインの銘醸地として名高いワイン生産地で、その深い味わいから「ワインの女王」とも称されます。また、「グランクリュ」と呼ばれる格付けによって等級付けられ、五大シャトーのような高級ワインがあります。

しかし、高級なワインばかりではなく、実は気軽に楽しめるリーズナブルなものまで、幅広く生産されています。

今回は、「気軽に楽しめるボルドーワインを!」と、ヨーロッパ最大級のワイン会社カステル社が社名をかけて生み出した「バロン ド レスタック」をご紹介します。

世界でも有数の生産者

カステル社は1949年、フランス・ボルドー地方に創設されました。当初はワイン商(卸売)でしたが、その後、わずか半世紀で欧州最大級のワイン・グループに成長しました。フランスのほぼ全域のワインを揃えていますが、本拠地であるボルドーワインは特に優れています。

銘醸地として知られる「メドック」、「グラーヴ」、「サンテミリオン」のシャトーを所有しており、そこでの生産ノウハウを活かしたリーズナブルなワインもあります。また、カステル社の樽貯蔵庫は225リットルの樽が約50,000樽も収容できる大規模な貯蔵庫です。これだけの規模があるからこそ、リーズナブルで高品質なものを安定して供給できるのです。

バロン ド レスタック公式ブランドサイト

バロン ド レスタック ボルドー ルージュ

生産地:フランス、ボルドー地方

タイプ:赤ワイン

品種:メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン

外観は透明感のある濃いルビー色で、濃縮感があります。香りはカシスやプルーンなど、フレッシュな果実味に、強い樽の香りを感じました。

ボルドーワインらしく非常に上品で、濃い色のフルーツのアタックにそれを引き締める青っぽいベジタルなニュアンス。地元フランスでも人気なのが納得のワインです。

ご購入はこちら

バロン ド レスタック ボルドー ブラン

生産地:フランス、ボルドー地方

タイプ:白ワイン

品種:ソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン

外観は高級感のあるゴールド。色がやや濃いのは樽発酵によるものでしょう。香りはリッチで完熟した柑橘類のあとに、樽の香りとバニラの香りを感じます。

味わいまでリッチで、酸味と甘みのバランスが非常によく、コクがありながら酸や苦味と言った要素をきっちり備えているので、飲み飽きることがありません。

ご購入はこちら

こだわりのエチケット

ワイン名になっている"LESTAC"(レスタック)とは、カステル"CASTEL"の社名のアルファベットを逆さから読んで命名されました。まさに社名をかけたワインです。

赤ワインのエチケットには、オーク樽で6ヶ月以上熟成、かつ樽熟ワイン100%使用のワインのみに許される「Élevé en fûts de Chêne」の表記があり、白ワインにはオーク樽で6ヶ月以上熟成を意味する「Vinifié en fûts de Chêne」の表記がありました。

2001年まで樽使用率の規定がなかったのですが、表示規制が制定され、この表記は樽熟したワインのみ許されています。 また、エチケットの下の小さなラベルには1本1本シリアルナンバーが入っており、エチケットから「バロンド レスタック」に対する品質や味わいへのこだわりが伝わってきます。

まとめ

地元フランスではボルドーACワインの中で最も多く販売されて日常的に楽しまれています。

また、この価格帯では出会えないしっかりとした樽の香りと、素晴らしいバランス感を持っているので、他のリーズナブルなワインと比較するとその差に気付くと思います。

ここまで美味しいボルドーワインが、リーズナブルに楽しめたら嬉しいですよね。週末は「バロン ド レスタック」を飲んで、本場ボルドーワインを感じてみませんか?

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.