シャーベットにもアレンジOK!缶詰を使ったサングリア・ブランカ

梅雨入りして全国的に曇り空が多いようですね。この季節は蒸し暑くて真夏よりも苦手…なんて方もいらっしゃるようです。

そんなときは爽やかな味わいのサングリア・ブランカはいかがでしょう? サングリアというと赤ワインが定番ですが、白ワインで作るサングリア・ブランカもスッキリと爽やかな味わいがおいしく人気です。

今回は缶詰の果物とシロップを使って、手軽に作れるレシピをご紹介します!

材料:5~6人分

白ワイン 500㏄(飲み残しや安価なものでOK)

缶詰の白桃とパイン 各1/2缶

缶詰のシロップ お好みで100~200㏄

ラム酒 大さじ1~2

ミント 適量

サングリアを割る水や炭酸水、氷など 適量

作り方

【1】白桃とパイン缶を一口大に切る。

【2】ピッチャーなどに1と缶詰のシロップ、白ワイン、ラム酒を加えて混ぜ、ミントを加えて冷蔵庫で冷やす。

【3】1時間ほどして冷えたら完成。氷を入れてロックでも、水や炭酸水で割ってもOKです。

缶詰のシロップは砂糖と違ってすでに液体なので、味がなじみやすく便利!ですが、その分ワインの割合は少なくなるので、飲みやすさやお好みにあわせてシロップの量や、割る水分量を調節して下さいね。

今回は缶詰を使いましたが、もちろん生の果物でももちろんOKです。果物に決まりはありませんが、白ワインにはパインや柑橘類、マスカット、桃、キウイなどが使われることが多いようです。

ラム酒は風味付けになりますが、好みで削除してもブランデーに変更してもいいです。

サングリアのシャーベット

暑い夏は冷たいデザートが欲しいですよね。そこで、ご紹介したサングリアをシャーベットにアレンジしてみました。

こちらも作り方は簡単。そのまま果物も一緒に(ミントは除いて)冷凍庫に入れて、凍らしている途中に混ぜながら冷やし固めるだけです。ブレンダーかミキサーなどで撹拌するとなめらかな食感のシャーベットになります。

お酒が苦手な方は水で割ったものを冷やし固めるといいです。また、甘党さんはシロップを増量してもいいですね。

お酒もデザートも楽しめるという、一粒で二度おいしい缶詰を使ったサングリア・ブランカ。ぜひお試しくださいね!

ホームページ | ブログ
健康・美容も意識しながら、お酒と おいしい料理で楽しく食事をすることが大好きなフリーランスの管理栄養士。大好きな食器と色彩を活かして、料理をよりおいしく見せる工夫を考えながら企業向けレシピ開発等を行っている。

おすすめの記事

ワインのお悩み相談室!初心者が抱える悩みを葉山考太郎先生が解決します。

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

VRでワイナリーを疑似体験できる!「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.