1,000円前後で楽しめる!安くて美味しいマイナーなワイン5選

コンビニやスーパーでも様々な国のワインを取り揃えていて、 一昔前にくらべ、ワインはいまやすっかり身近な飲み物となりました。

そして、ワインと料理のマリアージュという言葉も一般的になりました。レストランでいただく場合のみならず、お家で気軽にワインを飲まれる方も多いと思います。

そこで、今回は休日に気軽に飲める、1,000円前後の少しマイナーなワインをご紹介します。

ザ・ウルフトラップ・シラー/ムールヴェードル/ヴィオニエ

産 地:イタリア/ラツィオ 品 種:マルヴァジア100% 生産者:フォンタナ カンディダ タイプ:辛口 平均価格:1,100~1,200円

ロバート・パーカーも絶賛する南アフリカを代表する造り手の一人「マーク・ケント」の造る、お手頃価格のフルボディ赤ワインです。

シラー主体ですが「ムールヴェードル」と「ヴィオニエ」をブレンドすることにより、甘味と厚みが増して優しいタンニン(渋み)の心地よい味わいとなっています。

ブーケンハーツクルーフ
ブーケンハーツクルーフ・ウルフトラップ【Boekenhoutskloof】【南アフリカの赤ワイン】
Amazonで見る

モンテセイ ソアーヴェ・クラッシコ2014

産 地:イタリア/ヴェネト

品 種:ガルガーネガ100%

生産者:レ・バッティステッレ

タイプ:辛口

平均価格:1,300~1,500円

イタリアはヴェネト州を代表する辛口白ワインのひとつ「ソアーヴェ」です。なかでも限定された生産エリアのブドウを使用したものに「ソアーヴェ・クラッシコ」の名が認められています。

生産者の「レ・バッティステッレ」は土地と土壌の特性を活かし、ソアーヴェの品種である「ガルガーネガ」の特性を存分に引き出しています。ライムのような爽快なミネラル感と心地よい酸は、シンプルで決して食の邪魔をしない仕上がりになっています。

マルヴァジア・プンティナータ ローマ 2015

産 地:イタリア/ラツィオ

品 種:マルヴァジア100%

生産者:フォンタナ カンディダ

タイプ:辛口

平均価格:1,100~1,200円

イタリアの首都ローマのあるラツィオ州で人気生産者「フォンタナ カンディダ」が造る辛口白ワインです。発酵後に澱(おり)と一緒に寝かせる「シュール・リー製法」による、白い花を思わせるアロマティックな香りが特長です。年数回の限定商品なので、見つけた時が買い時です!!

フォンタナ カンディダ
マルヴァジア プンティナータ ローマ フォンタナ カンディダ 2016 白 750ml
Amazonで見る

ラ・クロワザード カリニャン ヴィエイユ・ヴィーニュ・リゼルヴァ2014

産 地:フランス/ラングドック・ルーション

品 種:カリニャン

生産者:ラ・クロワザード

タイプ:ミディアム

平均価格:950~1,100円

1998年に南フランス「ラングドック地方」に創立した比較的新しいワイナリーです。ヴィエイユ・ヴィーニュと言われる樹齢40年の古樹の「カリニャン種」から造られる為、凝縮感ある果実味と滑らかな余韻が味わえます。

この価格帯にして、フレンチオークを使用しているので複雑性も楽しめる嬉しい1本です。最近ではコンビニやスーパーでも見かけます。

三国ワイン
ラ・クロワザード レゼルヴ カリニャン ヴィエイユ・ヴィーニュ 750ml [フランス/赤ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

トリロジー・エッセンシャル ソーヴィニヨン・ブラン2014

産 地:チリ/マウレ・ヴァレー

品 種:ソーヴィニヨン・ブラン

生産者:トリロジー(アギーレ・ファミリー)

タイプ:辛口

平均価格:880~1,000円

「アギーレ・ファミリー」はチリで数多くの賞を受賞している生産者で、収穫も手摘みで行うほどの丁寧な造り手でもあります。ハーブや柑橘系の爽快な香りと程よい酸味、ビターな後味のある夏向きデイリーワインです!!

ワイン名にもなっている「トリロジー」とは“3つのものが集まり、1つの素晴らしいものを造り上げている”という意味があるようです。その3つとは「優れたテロワール」「作り手の情熱」「良いワインを届けたいという強い思い」だそうです。

※2015年からラベルが変わりました。

デ・アギレ・ファミリー
トリロジー・エッセンシャル・ソーヴィニヨン・ブラン [2015](白ワイン)
Amazonで見る

まとめ

今回は大体1,500円以下で楽しめるワインをご紹介させて頂きました。

価格帯はお手頃ですが、土地や生産方法など丁寧で拘った生産者も増えてきています。是非、皆様のお気に入りの1本を見つけてみてはいかがでしょうか?

JSA認定シニアソムリエ/ワインコーディネーター/ワインセラー
都内フレンチレストランでワイン業務に従事した後に九州へ帰郷。2005年にJSA認定シニアソムリエの資格取得。現在は九州の酒販店のワインセールス業務の傍ら、「フリースタイルワイン&フード」を主宰。主に九州一円でのワインイベントや九州ワイナリーツアーを企画・開催。また、料飲店様向けのワインコンサルとしても活動中。個人的には五島ワイン(長崎)の応援団も勤める。趣味は料理。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.