キリッと冷やして夏の定番ワインに!「ル・ブラン・ドゥ・ママン」

Le Blanc de Maman Saint Guilhem Le Desert I.G.P
ル・ブラン・ドゥ・ママン サン・ギレーム・ル・デセール(ママの白ワイン)
生産国:フランス、ラングドック
タイプ:白ワイン(辛口)
品種:ソーヴィニヨン・ブラン
アルコール:12.5%

ご購入はこちら


生産地は南フランス・ラングドック地方でも、南端に位置するサン・ギレーム・ル・デセール村です。中世には巡礼地として栄え、ラングドック地方のエリアでも非常にマイナーな産地です。

外観は淡い淡い黄色、水のようにサラサラとした印象を受けます。

香りはソーヴィニヨン・ブランらしくアロマティックですが、南フランスのワインにありがちな重さはありません。非常に爽やかでレモンドロップや蜂蜜の控えめな香りが漂い、フレッシュ感に富んでます。

また、味わいまでフレッシュです。温暖な気候の産地に見られる特徴で、酸は穏やかでアルコールが低めなので濃厚さはありません。南フランスのワインはアルコール度数が低くても13.5%あるので、このワインはとても貴重なワインですね。

アルコール度数は1%違うと非常に印象が変わるので、サッパリしたワインが好きな方は、エチケットに記されているアルコール度数をチェックしてみてください。ワイン選びのヒントになると思います。

酸が低くてフルーティーなワインなので、料理の邪魔をする要素はありません。キリッと冷やしてワイングラスにたっぷりと注ぎ、冷えたキュウリと一緒に楽しむのも夏らしくていいと思います。

みんなきっと好きになる「ママの白ワイン」...今年の夏の定番ワインに決定です!

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.