1,000円台の人気安旨ピノ・ノワール「ガイザー・ピーク ピノ・ノワール」

今回、ご紹介するワインは、カリフォルニア・ピノ・ノワール100%の激安旨ワイン「ガイザー・ピーク・カリフォルニア・ピノ・ノワール」です。

Geyser Peak California Pinot Noir 2014

生産国:アメリカ・カリフォルニア州

品種:ピノ・ノワール100%

熟成:フレンチオーク、新樽比率25%

味わい:ミディアムボディ

赤を冷やすならピノ・ノワール

暑い季節は赤ワインもキリッと冷やして飲みたいものです。しかし、どんな赤ワインでも冷やしてしまうと美味しいわけではありません。ピノ・ノワールは渋みが穏やかなので、冷やしても美味しいブドウ品種の代表格です。しかし、ブルゴーニュのような複雑さのあるピノ・ノワールは、冷やしすぎるとブドウが持つ良さが半分も発揮されません。

ブルゴーニュ地方のピノ・ノワールはお値段も張るので、冷やして飲むことはお薦めできません。ピノ・ノワールを冷やして飲むのであれば、カジュアルでリーズナブルなカリフォルニアやチリのワインがいいでしょう。

歴史あるワイナリー

ガイザーピークは、1880年にカリフォルニアのワイン生産地区「ソノマ・カウンティ」の先駆的なワインメーカーとして知られるAugustus Quitzow氏によって創設されました。その歴史は大変古く、ワイナリーはアメリカ全体で29番目に認定されています。

当時、アレキサンダー・ヴァレーのワイナリー周辺は岩に囲まれ、ブドウ造りには不適とされていました。しかし彼は、この地から必ず素晴らしいワインが生まれると信じてブドウを造り続け、現在では「年間最優秀ワイナリー」をはじめ、数々の受賞歴を誇るワイナリーへと成長を遂げました。

また、現在はオーストラリア最大手のワイナリーのひとつ、ペンフォールズ社の参入もあって、ますますクオリティが上がっています。

味わいと合わせたいおつまみ

色は温かみのあるルビー色でピノ・ノワールにしては濃い色をしています。香りはニューワールド特有の土っぽさを感じます。また、少しオレンジのニュアンスなど温かい要素が多いのも特徴的です。

味わいは穏やかな酸にアルコールのボリュームと果実味が溢れていて、コクがありながら非常に飲みやすいワインです。これほどコスパに優れたカリフォルニア産のピノ・ノワールは、少なくとも1,000円台ではありません。

ニューワールドのリーズナブルなピノ・ノワールは、少し土っぽいニュアンスを感じるワインが多いので、合わせるおつまみを考える時は「ジャガイモ」がいいかもしれません。個人的には「チップスター うす塩味」がお薦めです。

ポテトチップスはパリパリしているのでワインとの質感は全く真逆ですが、風味に共通項があるので、相性の良い組み合わせです。料理と合わせる時は肉じゃががいいでしょう。こちらはジャガイモのねっとりした食感がワインとの質感にも共通して理想のマリアージュを楽しめます。

夏におすすめの「ガイザー・ピーク・カリフォルニア・ピノ・ノワール」は、冷蔵庫でキッチリ冷やして楽しんでください。

 

TAGS

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.