シャンパーニュ製法の上質なスパークリングワイン「クレマン」とは?

出典:http://www.temeculanightout.com/

皆さん、フランスで造られるスパークリングワイン「クレマン」はご存知でしょうか?

シャンパンはご存知の方も多いと思いますが、「クレマン」はシャンパーニュ地方以外で造られる、シャンパンと同様のシャンパーニュ方式(瓶内2次発酵)を用いたスパークリングワインです。

今回はシャンパーニュ地方以外で造られる「クレマン」についてご紹介します。

クレマンの特徴は?


クレマンは、「泡が半分除かれたシャンパーニュ」と言われるほど泡のクリーミーなことです。きめ細かい泡によって、その味わいは繊細かつエレガントなものになっています。

製法はフランスのワイン法(AOC)により厳しく定められています。また、例えばアルザス地方で造られたなら「クレマン・ダルザス」、ロワール地方なら「クレマン・ド・ロワール」という様に、クレマンは各地方の名前が付随し、地域ごとのAOCで使用可能なブドウや熟成期間など、若干規定が異なります。

他に、「クレマン・ド・ボルドー」、「クレマン・ド・ブルゴーニュ」、「クレマン・ド・ディ」、「クレマン・ド・リムー」、「クレマン・ド・ジュラ」と7つの呼称が存在します。

クレマンの紹介


各地域のクレマンの中から、おすすめのクレマンをご紹介します。

クレマン・ダルザス メトド トラディショネル ブリュット レゼルブ


この銘柄は白い干しぶどう、バームクーヘン、ライムなどの香りがし、味わいは軽快かつシャープな味わいです。 名前にブリュット(Brut)とあるように、極辛口でやさしい泡立ちとすべるような喉越しを持っています。


クレマン・ド・ブルゴーニュ ブリュット ミレジム タストヴィナージュ


ボージョレ・ヌーボーなどでブルゴーニュの名前を聞いたことがあるのではないでしょうか。ブルゴーニュでは畑を 特級畑(グラン・クリュ)、第一級畑(プルミエ・クリュ)と格付けして素晴らしいワインの数々を生産しています。

そんなブルゴーニュのきき酒騎士団に認証された銘柄が、このワインです。
ブリオッシュ、マーマレードとハチミツなどを思わせる香りに、穏やかな泡立ちで優しく舌を撫でるような感触があります。生き生きとした酸味とドライすぎない飲み口の柔らかさを持ちます。


ドメーヌ・ジ・ロレンス クレマン・ド・リムー レ・グレムノス


南仏の冷涼な気候を持つリムーは、世界で初めて発泡性ワインが誕生した地としても有名です。そして、数々の凄腕が集まり「南仏のシャンパーニュ」と呼ばれています。

非常に繊細な泡立ちで、香りには柑橘類のフレッシュさに加え、程よい熟成感を感じさせる上品なアロマ。口当たりはまろやかで、果実味としっかりとした爽快な酸がバランスよく、ふっくらとした味わいです。


ワイングラスも大事


合わせる料理は、白身魚や塩味の肉料理にはだいたい合うとされています。お刺身・生牡蠣・ローストチキンなんて良いではないでしょうか。

また、ワインはグラスも重要です。クレマンの香りや泡を楽しむには、スパークリングワイン専用のグラスで、目と鼻で楽しみながら口で味わうのが良いでしょう。

おすすめはリーデル社の「ヴェリタス シャンパーニュ」ですが、グラスにしては少し値が張るので、カジュアルなオヴァチュアシリーズでも良いでしょう。



リーデル社は「より香りや味わいを楽しむためには白ワインを飲むときのような卵型のグラスが最適」と、最近は卵型のシャンパングラスを薦めています。

まとめ


伝統あるワイン王国「フランス」で造られるスパークリングワイン「クレマン」は、フランスのスパークリングワインといえばシャンパンが有名すぎるため、知名度はそれほど高くありません。

価格もシャンパンのおよそ半額で楽しめることから、ワイン通の間では非常に高い人気を誇っています。安いものであれば、2000円前後で手に入るので、様々な銘柄から、好みの1本を探してみてはいかがでしょうか?

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.