初心者でも出来る!テイスティングでチェックするポイントは?

はじめに


ワインショップでテイスティングをしたことはありますか?

試飲会やワイン会等、テイスティングイベントへ行かれた事がある人はテイスティングの経験があると思いますが、ワイン初心者の人たちにとってのテイスティングとは、非常にハードルの高いものです。

毎日ワインを飲んでいるワイン愛好家の人でさえ、テイスティングだけは日々の努力が必要と言われています。テイスティングは色を見て、香りを嗅いで、舌で転がす....。そして、ボリュームやタンニン、酸味と甘味を1つ1つチェックしていきますが、舌の感覚が全てです。

「難しい」と思われるかもしれませんが、テイスティングのステップとしては、まずは自分にあったワインを見つけるためのテイスティングで構いません。という事で、今回は、ワイン初心者の方がテイスティングでチェックするポイントをご紹介します。

初心者向けテイスティングのポイントは?


ワイン初心者の方がチェックするテイスティングポイントは、ボリュームやタンニン、果実味ではなく、葡萄の品種とそのワインが自分の舌にあっているかどうか。この2つでいいと思います。

ワインの味は葡萄の品種によって大きく変わってくるので、まずは葡萄の品種をチェックすること!これをチェックしたら、飲んで味わってみる。

これで美味しいと感じたら、この葡萄の品種を色々と味わってみると、自分に合ったワインが見つかると思います。

昨日、焼酎のお話しをしましたが、それと同じで、焼酎も芋、米、麦で味が異なりますよね。葡萄も品種によって違うので、品種をチェックして、ワイン選びに役立てるといいと思いますよ。

産地やブランドに惑わされない


あと、ワインには産地国(ヨーロッパ各国、オーストラリア、カリフォルニア、チリなど)による先入観があると思うんです。「ワインと言えばヨーロッパだよね!」って思っている人が殆どなんですが、僕がもっとも飲んでいるワインは1000円くらいのチリ産です。

その土地やブランドイメージや価格に惑わされることなくワインを選んでみましょう!

おわりに


ここ最近は、日本国産のワインもフランスのコンクールで金賞を獲るなど、国内にも美味しいワインは数多くあるので、様々なワインに触れて、自分にぴったりの味を見つけてみてはいかがでしょうか?

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.