大人向け!ワインの飲めるスターバックス「STARBUCKS EVENINGS」

まだ店舗数は少なく、丸の内と六本木のアークヒルズだけですが、ワインの飲めるスターバックスがあるのはご存知ですか?

今回はそのスターバックス・イブニングスの丸の内店へ行ってきたのでその様子をレポートをしたいと思います。

居心地のよい空間で自分だけの時間を


店舗は丸の内の新東京ビルの中にあり、パッと見た感じはいつものスターバックスです。

しかし、店内にはワインの絵が描いてあったり、入り口のドアにもワインのボトルやグラスの絵とともに「STARBACKS EVENINGS」の文字があったり、店内にはワインのディスプレイやメニューがあるので、お酒が飲めるという事は気付きますね!

お店のコンセプトは、「仕事帰りに少しだけ。ワインやスイーツを楽しみながら、ゆったりとした自分だけの時間を...」そんな大人の女性にスターバックスがセレクトしたワインやフード、居心地のよい空間で充実した時間を過ごせるというものです。

人気のワイン&スイーツ


もちろん、いつものコーヒーメニューもありますが、ワインは赤ワイン、白ワイン、スパークリングワインが2種類ずつ、時期によって変わります。毎回同じメニューではないので、飽きることがありません。

また、何種類かボトルビールも置いてあり、バリスタさんが作るアレンジワイン、ワインカクテルのようなものもありました。

そして一番心惹かれるものが「ワイン&スイーツ」です。スターバックスオリジナルのスイーツのタルトレットを、ワインのつまみとして、ワインと楽しむことができます。スターバックスおすすめのものもありますが、自分で好きなものも選べます。

メニューに変更があるかもしれませんが、私が訪問したときにあった組み合わせはこちら。

・マンゴーパッションのホワイトチョコレート on Sparkling
・カマンベール&ベリーズ on Red
・ブラックココアクーベルチュール on Red
・ストロベリーホワイトチョコレート on White
・ゴーダチーズ&トロピカルズ on White

今回は「マンゴーパッションのホワイトチョコレートのタルトレットとスパークリングワイン」を注文してみました。

スパークリングワインはイエローゴールドに輝き、りんごやハーブ、青草の香りにほのかにはちみつや焦がしたシュガーの香りが漂います。

口に入れるとフレッシュなパッションフルーツのような酸味が広がり、タルトレットとよく合います。余韻に少しだけ甘味がありますが本格的なスパークリングワインです。お店にある抹茶のケーキとも相性が良いと思います。

タルトレットは固めのスティックで甘味が少なく、パッションフルーツの酸味が効いていて、ワインによく合います。今回はスパークリングワインでしたが、赤ワインにも合いそうでした。

カジュアルなスタイル


ワイングラスは脚付きのグラスではなく、薄はりのタンブラー型のワイングラスです。周りのお客さんにもお酒を飲んでいると分かりづらい点も女性には嬉しいポイントかもしれません。

そして、グラスには可愛いメッセージ付き。メッセージは何種類かあるようで、私が注文したワイングラスには「Permission to Relax (休憩していいんだよ)」という何とも癒されるメッセージが刻まれていました。こういう何気ない気遣いが働く人たちの心を休めてくれます。

まとめ


仕事帰りにちょっと飲んでいくのはもちろん、時間を潰すのにふらっと立ち寄ることもできるので、様々なシーンで活躍しそうです。今後は全国展開も計画しているようなので、楽しみですね。

カフェ感覚で「気軽にお酒を楽しめる場所」を提供する「STARBUCKS EVENINGS」へ、ぜひ行ってみて下さい。

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.