ワインを飲む人はなぜワイングラスを回しているのでしょうか?

ワインを飲む人って、大きめのワイングラスを回しているイメージありませんか?では、ワイングラスは一体なんのために回しているのでしょうか?今回はその秘密について学んでいきたいと思います。

なぜグラスを回すのか?


グラスを回すことを「スワリング」といいます。スワリングの目的は、「閉じているワインの香りを開かせること」、また「空気に触れて酸化することによって熟成が進み、ワインの角がとれてまるくなり、飲み頃になる」という効果があります。

スワリングすることで、ワイングラスの中がワインの香りで満たされ、香りを楽しむことができます。スワリングをしない状態と、スワリングをした直後のワインの香りは大きく異なるので、ぜひ試してみて下さい。

また、熟成後の味わいの想像がしやすくなるので、試飲会などでソムリエがスワリングしているのはそのためです。ちなみにグラスを回していますが、回しているのはもちろん中身のワインのほう。グラスだけ揺れて中身が回っていなくては意味がありません。

慣れない内は中のワインの回り方もぎこちないと思うので、さりげなく家で練習してみてもいいと思います。

スワリングの仕方


まず回し方です。

回す方向は自分の方に向けて内回り、右手で持つ場合は反時計回り。左手で持つ場合は時計回りに回したほうが溢れた時に安全ですが、これが必ずではありません。万が一失敗した時にもワインが隣の人にかからず、自分にかかる確率が高いため、マナーとして覚えておいた方が良いでしょう。

また、回せば良いというものではなく、自分にとってちょうどいい味わいであれば回さなくても構いません。

まずワインが提供されたら、回さずに香りを嗅いで味わってみましょう。その時に「ワインが閉じているな、固いな」感じたら、しばらく置いて、味わいの変化を楽しみたくなった時にグラスを回してみましょう。

もっと味が開いたほうがいいな、と感じたらソムリエにデカンタしてもらうのもいいと思いますし、熟成しているワインであれば、スワリングしなくても大丈夫です。

回すのはスパークリングワイン以外?


たまにスパークリングワインをくるくる回している人も見かけますが、スパークリングワインは泡が飛んでしまうので回さなくていいでしょう。

ただ、熟成したスパークリングワインを大きめのグラスで楽しむ、などという上級者さんや試飲会でスパークリングワインのワインそのものの味わいをより確認したい場合などは回すこともあるかもしれません。

いつもグラスを回していると「分かっていないのかな?」と思われてしまうので、味わいを変えてみたいな、と思ったときに回してみましょう。

これからは涼しくなってワインがより一層飲みたくなる季節です。飲むだけではなく、スワリングして、ワインに対する香りや理解を深めてみてください。

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.