ワインを飲む人はなぜワイングラスを回しているのでしょうか?

ワインを飲む人って、大きめのワイングラスを回しているイメージありませんか?では、ワイングラスは一体なんのために回しているのでしょうか?今回はその秘密について学んでいきたいと思います。

なぜグラスを回すのか?


グラスを回すことを「スワリング」といいます。スワリングの目的は、「閉じているワインの香りを開かせること」、また「空気に触れて酸化することによって熟成が進み、ワインの角がとれてまるくなり、飲み頃になる」という効果があります。

スワリングすることで、ワイングラスの中がワインの香りで満たされ、香りを楽しむことができます。スワリングをしない状態と、スワリングをした直後のワインの香りは大きく異なるので、ぜひ試してみて下さい。

また、熟成後の味わいの想像がしやすくなるので、試飲会などでソムリエがスワリングしているのはそのためです。ちなみにグラスを回していますが、回しているのはもちろん中身のワインのほう。グラスだけ揺れて中身が回っていなくては意味がありません。

慣れない内は中のワインの回り方もぎこちないと思うので、さりげなく家で練習してみてもいいと思います。

スワリングの仕方


まず回し方です。

回す方向は自分の方に向けて内回り、右手で持つ場合は反時計回り。左手で持つ場合は時計回りに回したほうが溢れた時に安全ですが、これが必ずではありません。万が一失敗した時にもワインが隣の人にかからず、自分にかかる確率が高いため、マナーとして覚えておいた方が良いでしょう。

また、回せば良いというものではなく、自分にとってちょうどいい味わいであれば回さなくても構いません。

まずワインが提供されたら、回さずに香りを嗅いで味わってみましょう。その時に「ワインが閉じているな、固いな」感じたら、しばらく置いて、味わいの変化を楽しみたくなった時にグラスを回してみましょう。

もっと味が開いたほうがいいな、と感じたらソムリエにデカンタしてもらうのもいいと思いますし、熟成しているワインであれば、スワリングしなくても大丈夫です。

回すのはスパークリングワイン以外?


たまにスパークリングワインをくるくる回している人も見かけますが、スパークリングワインは泡が飛んでしまうので回さなくていいでしょう。

ただ、熟成したスパークリングワインを大きめのグラスで楽しむ、などという上級者さんや試飲会でスパークリングワインのワインそのものの味わいをより確認したい場合などは回すこともあるかもしれません。

いつもグラスを回していると「分かっていないのかな?」と思われてしまうので、味わいを変えてみたいな、と思ったときに回してみましょう。

これからは涼しくなってワインがより一層飲みたくなる季節です。飲むだけではなく、スワリングして、ワインに対する香りや理解を深めてみてください。

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.