これでワイン通!ワイングラスを回している理由を知っていますか?

はじめに

ワイン愛好家に共通するしぐさが「グラス回し」...これをスワリングと言います。高価なレストランでワインを飲んでいる人たちは、大半がワインをクルクルと回していると思います。

でも、カフェでコーヒーカップをクルクル回す人はいません?では、なぜワイングラスはクルクルと回すのか....その理由をご紹介致します。

なぜ回すのか?

実はグラスを回すことには意味があり、特に赤ワインの場合、グラスを回す事でワインが空気に触れて酸化が進み、ワインの味わいや香りが急に変化します。

これをワイン愛好家の方々は「ワインが開く」と言います。 ワインは空気に触れさせることで、ワイン本来の風味を取り戻していくので、ワインを美味しく味わうためには、抜栓した後にすぐに飲まず、少し時間を置いてワインを開かせてから飲んだ方が美味しく感じることが多いのです。

ちなみに一度開いたワインは、短時間でさらに変化することはあまりありませんので、一度味が変わったと思ったら、それ以上は回す必要はありません。回せば回すほど美味しくなるというわけではありませんので、注意してくださいね。

また、若いボルドータイプのワインなどは、ボトルから直接グラスに注ぐのではなく、デキャンタに注ぐ「デキャンタージュ」がオススメです。

今では「デキャンティングポアラー」という画期的なアイテムがあるので、それを使えばアッという間にワインが開きます。 では、グラスの回し方のポイントについては下記にまとめました。

ワインの回し方のポイント

【その1】

クロスの掛かったテーブル上にグラスを置き、ステム(グラスの脚)をつまんで、テーブル・クロスの上で滑らせると非常に簡単に出来ます。

テーブル・クロス文化のない日本では、グラスを持って行うことが殆どですが、クロスが掛かってあるレストランなどでは、テーブル上で行った方が簡単ですし、ワインが飛び散る危険も少なくオススメです。

【その2】

右利きの人は、グラスを上からみて反時計回りに回します。

グラスを回転させると遠心力でワインがこぼれる恐れがありますが、それぞれ自分の方向に回転していると同席している相手にかかることがないので、右利きの人は左回り、左利きの人は右回りに回すことがワインのマナーです。

おわりに

グラスに注がれた時、「さりげな~く」グラスを回すようになれば、もうワイン上級者です。ぜひ、赤ワインを飲む時はグラスを回して飲み比べてみて下さい。その味の変化に気づくと思います。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.