簡単にワインが美味しくなる!デキャンタージュの目的を知ろう

はじめに

みなさんはなぜデキャンタージュをするか知っていますか?グラスをクルクルと回している行為をスワリングといいますが、スワリングはデキャンタージュと同じ効果を得られるんです。

という事で、今回はデキャンタージュの目的と効果についてご紹介します。

デキャンタージュの目的

デキャンタージュの目的はワインの状態によって異なり、古いワインであればボトルの底に沈んだ澱を取り除き、若いワインであればワインを素早く空気に触れさせて、香りや味わいを引き出してくれます。 私は、澱を取り除くような古いワインを自宅でカジュアルに飲むことがないので、デキャンタージュは若いワインのために行うことがほとんどです。

デキャンタージュは比較的若い赤ワインで行い、味わいや香りなど、まだそのワインがもつ本来の美味しさを引き出すために、ワインを空気にふれさせて、ワインを開かせていきます。

※香りが十分に出ていない状態を「ワインが閉じている」といい、ワインを空気に触れさせて、香りや味わいを引き出すことを「ワインを開かせる」といいます。

本来、ボトルの中で熟成させることで、ワイン本来の香りや味わいが開いていくんですが、何十年も熟成を待ってられないという場合や、開けたワインが予想以上に若い場合はデキャンタージュを行うことで、おいしく味わうことができます。

簡単にデキャンタージュする方法

デキャンタージュは熟成期間を短縮させるわけではないので、急激にワインを開かせたからといって、数年寝かした時の味になるわけではありません。最近は「クレ・デュ・ヴァン」というワインの酸化を促すワイングッズもあるので、試してみてみると面白いと思いますよ。

デキャンタージュが面倒だなという人は「デキャンティングポアラー」という、ボトルの口に取り付け、注ぐだけでデキャンタージュをする効果が得られるワインラヴァーの定番アイテムがあるので、そちらもオススメですよ。

また、十分に熟成し香りも味わいもよく、すでに開いている状態のワインはデキャンタージュの必要がありません。すでに開いているワインをデキャンタージュすれば過度に酸化され、せっかくの風味が飛んでしまうことがあるので注意して下さい。

おわりに

いかがでしたか?

カジュアルなテーブルワインは若いワインが多いと思うので、デキャンタージュ、もしくはスワリングなどをして、少しワインを空気に触れさせてまろやかにしてあげると更に美味しく飲めるのと思うので、ぜひ試してみて下さい。

Libbey
Libbey(リビー) ヴィーニャ デカンタ 1700cc No.96958S1A
Amazonで見る
PROBITY(プロビティー)
【Amazon.co.jp限定】プロビティー デキャンティングポアラー AIRBLE エアーブレンド
Amazonで見る

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.