あっ!こぼしちゃった!ソファやカーペットについたワインのシミはどうすれば取れるの?

ワインをカーペットやソファにこぼしてしまい、シミになってしまった経験はありませんか?洋服はすぐに水洗いできますが、カーペットやソファについてしまったワインのシミは、すぐに落とすことはできません。

実はシミにもさまざまな種類があり、ワインのシミは、インクや果物のシミと同じ、「色素のシミ」と呼ばれています。簡単に落ちるシミもありますが、赤ワインのシミは色素が強いので、シミになると落ちにくいシミです。

「シミ(染み)」とは繊維に汚れが入り込んでいる状態のこと。繊維に汚れが入り込んでいない状態は単なる汚れです。その汚れが繊維に入り込んでしまうとシミになります。家庭でシミを取り除くには、洗剤を使って取り除いていった方が簡単にシミを落とすことができます。

ただし、使用する洗剤を間違ってしまうと繊維を傷めたり、シミを広げてしまう原因となってしまうので、洗剤選びはとても重要です。そこで、今回は家庭でも使えるカーペットやソファ専用のシミとり剤をご紹介します。

カーペットやソファのシミとりはコレ!

ご紹介するのは、ドイツでNo.1のシェアを誇るシミとりブランド「ドクターベックマン」の「カーペット ステインリムーバー」です。 いまやレストランや飲食店でも「ドクターベックマン」のワイン用シミとり剤を使っているところも増えてきて、確実にシェアを伸ばしてきています。

この「カーペット ステインリムーバー」は、ヘッドブラシが付いているので、手を汚すこともなく、簡単にワインのシミを取り除くことができます。使う人のことを考えて作られたアイテムですね。

イーオクト
ドクターベックマン シミとり カーペット/布製ソファ カーペットステインリムーバー ペットの汚れ・消臭 650ml
Amazonで見る

ステインリムーバーを使ってみた。

早速、カーペットステインリムーバーを使って、ワインのシミに効果があるのか実験をしてみました。 【1】ソファに赤ワインをこぼしてしまった!!!ワインは「デイモス マクラーレン・ヴェイル」です。 【2】「カーペット ステインリムーバー」をしっかりと振ってから、ギュッと握ってブラシを濡らし、シミになったところを少し泡立つように数回こすっていきます。 【3】シミになっているところを全てこすったら、3分ほど放置します。 【4】3分放置したら、クロスを水に湿らせます。 クロスはウルトラマイクロファイバークロスの「MQクロス」をおすすめします。MQクロスは繊維が髪の毛の1/120という細かさなので、カーペットやソファの繊維の中に入り込んで、シミを吸ってくれます。 【5】水で湿らせたクロスで、シミの上から強く押してシミを取っていきます。この時、心臓マッサージをするように力強く押して下さい。 【6】ソファが乾けば、シミがきれいにとれていました。 ※頑固なシミの時は、【2】から【5】の作業を繰り返し行ってください。

まとめ

いかがでしたか? ワインのシミには重曹なども効果的といわれていますが、「カーペット ステインリムーバー」は、赤ワインだけではなく、コーヒー、ジュース、油、ペットの汚れも落とすことができます。

汚れやシミができる度にクリーニングに出していてはお財布に優しくありません。「カーペット ステインリムーバー」は1本1296円(税込)とお財布にも優しく、幅広いシーンで活躍してくれるので、お薦めのシミとりアイテムです。

イーオクト
ドクターベックマン シミとり カーペット/布製ソファ カーペットステインリムーバー ペットの汚れ・消臭 650ml
Amazonで見る
イーオクト
MQ Duotex ダブルクロス (編み素材/織素材) レッド/ブルー
Amazonで見る

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.