少ない力で開けられる!女性にも使いやすいソムリエナイフ「プルテックス社のプルパロット」

ワインのコルクを抜く道具はいくつかありますが、少しカッコよくソムリエナイフを使いこなせるようになりたいですよね。私もさまざまなメーカーのソムリエナイフを使用したことがありますが、最も使いやすいのは二段式フックのタイプです。 そこで、今回は初心者にも使いやすい二段式フックのソムリエナイフ「プルテックス プルパロット モンツァ」をご紹介します。


初心者も使いやすいソムリエナイフ


二段式で使いやすいソムリエナイフといえば「プルテックス」のイメージがありますが、この「プルパロット」シリーズは「いかに少ない力でコルクを抜くか?」を研究し、開発されたソムリエナイフです。 プルパロットは、フランス・ブルゴーニュ地方のワイン産地でもあるジュヴレ・シャンベルタンで開催されたコルクスクリューコンテストで優勝の栄冠に輝いたこともあります。 デザイン(カラー)は色々選べますが、今回紹介するモンツァはF1のイタリアグランプリが行われるイタリア北部の都市「MONZA モンツァ」サーキットをイメージして作られました。フェラーリのようなチェッカーフラッグ柄のボディーに、フェラーリレッドが使用されていて、F1好きの方や車好きの方にもおすすめのソムリエナイフです。 こんなに使いやすいのに価格も約2,000円と手頃にスタートできるのも良いですね。


女性にもおすすめのソムリエナイフ


キャップシールを切るナイフの切れ味が良いのはもちろんですが、ナイフに丸い小さな持ち手が付けられていて、それがとても便利です。 女性であれば経験したことがあるかもしれませんが、ナイフを取り出す時に固いものだと爪が割れてしまったり、手を切ってしまうことがあります。しかし、この持ち手がついていれば安心です。爪を長くきれいにしている方や、ネイルをしている方にもおすすめしたいです。 ボトル口に引っ掛けるフック中間にバネ式の引っ掛かりがあり、コルクを2段階で引き上げることができます。その引っ掛かりがバネになっているので本当になんの力もかけずに開けられる印象です。 男性は力任せに引っ張ってあけている方を見かけますが、力がない女性には無理矢理開けるのは難しいですよね。ですがソムリエナイフはテコの原理を使用してあけています。このソムリエナイフはそんなことを考えなくても勝手にテコの原理になってくれるので少しボトル口に引っ掛けているフックを押すだけで本当に勝手にコルクが上がってきます。 スクリューの引き上げ長さは6センチありますので、グランヴァンなどの長いコルクを使用したワインにも対応可能です。緊張する高級ワインのオープン時にもこれがあれば心強いです。


まとめ


高級なソムリエナイフも良いですが使いやすさで選ぶならプルテックスが一番。意外にレストランでも使用しているソムリエさんは多いので、こちらで練習してから高級なものをご褒美に買ってみるのも良いかもしれません。



ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.