映画007のジェームズ・ボンドも愛飲しているシャンパーニュ「ボランジェ」の魅力とは?

www.creative-gourmet.com/

今回ご紹介するシャンパンは、映画「007」でジェームズ・ボンドが愛飲することでも知られている「ボランジェ Bollinger」です。

ボランジェとは?


1829年にジャック・ボランジェによって創設され、ボランジェ一族によって運営されている、著名シャンパーニュメゾンでは数少ない家族経営を貫く高級メゾンです。

ボランジェが所在するのはアイ村(Ay)。ヴァレ・ド・ラ・マルヌ地区にある特級指定されている村で(グラン・クリュ)、中世より銘醸地としてその名を轟かせている有名生産地です。

シャンパーニュでグラン・クリュに認定されているのはわずか17の村のみ。その中でもこのアイ村は特に優れたブドウを産出する村とされており、かつてのフランス国王フランソワ1世は自らを「フランス国王」ではなく「アイの領主」と呼んでいたほどです。

そして、その栄光にあやかろうとしてか、今でも名前の最後に「Ay」と付く地名もシャンパーニュには多いのです。(エペルネイEpernay、アンボネイAmbonnay、ヴェルズネイVerzenayなど)→全てシャンパーニュの著名な産地名です。

最高級のピノ・ノワール


www.creative-gourmet.com/

アイは最高のピノ・ノワールの産地として知られており、そのアイのピノ・ノワールを贅沢に使用したボランジェのシャンパーニュの味わいは一言でいえば「リッチでゴージャス」です。

映画にも登場するということもあって、華やかなイメージもさることながら、味わいの方も裏切りません。

スタンダード・クラスの「スペシャル・キュヴェ」さえも、一部を樽発酵させると言う贅沢な造り(通常はほとんどステンレスタンクで発酵)です。さらに最低3年と言う長期の瓶熟成させています。法的規制では最低15ヶ月なので実に倍以上、これはヴィンテージ・シャンパーニュの法的規制と同じ期間なのです。

「最高のブドウを時間をかけて丁寧に造る」このような理念は長年ボランジェが守ってきたものであり、1992年には「ボランジェ憲章」として世界に発表しているほどです。これがボランジェの安定したリッチさの要因でしょう。

ボランジェの飲み方


そのボランジェをさらに美味しく飲む秘訣は、フルートグラスではなくワイングラスで飲んで下さい。そして、冷やし過ぎてはNGです。少し大げさにいえば、温いくらいの温度がベストです。正直このくらいのことをしなくてはボランジェの真価は決してわかりません。

言い換えれば「スパークリングワイン」では、泡のない「ワイン(スティルワイン)」、それも「赤ワイン」を飲むような感覚で飲んでいただけたら、と思っています。なんといっても、ボランジェに使用しているブドウの7割強は黒ブドウなのですから。

スッキリ・サッパリ、といったシャンパーニュとは正に対極にある、英国スパイお気に入りのシャンパーニュは、これからの季節にピッタリのシャンパーニュです。

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.