シンプルでもオシャレに仕上げる基本デーブルコーディネートのアイデア集

自宅にゲストを招いてお食事会を気持ちよく開催するために、おもてなしの気持ちは大事です。お部屋のお掃除はもちろんですが、素敵なテーブルコーディネートでお招きすれば、ワインもお食事もより美味しく感じられて会話も弾みます。

コーディネートは、アイデアさえあれば無限、そしてアイテムさえ揃えてしまえば以外と簡単なのです。また、急なゲストにも慌てることなく準備できるように揃えておくと便利です。

季節やお料理、美味しいワインのことを考えながら、テーブルコーディネートを楽しみましょう!

基本をおさえましょう!洋食食器の並べ方☆


出典:https://jp.pinterest.com/

食器の並べ方は、料理が食べやすいように配置されています。これもおもてなしの心のひとつですよね。ゲストの顔を思い浮かべながら、並べていきましょう。

まずはお皿を中央において、次にカトラリーを両サイドに配置します。右上にはグラスを置き、皿の上かフォークの左にナプキンを置きます。それだけで、セッティングは完成です。

センスをいかして素敵に飾りましょう。


出典:https://jp.pinterest.com/

テーブルコーディネートをはじめるにあたってまず揃えたいのが、テーブルクロスとテーブルランナー。そしてテーブルマットの3つのアイテムです。

まずテーブルクロスは部屋の面積を占めるのでコーディネートの重要な要素です。購入するときは、テーブルクロスの長さも自分のイメージの物かをチェックしてください。

テーブル端から垂らす布の長さによって印象が変わってきます。垂らす長さが短い方がカジュアルな印象になり、正式には50cm以上必要です。30cmくらいだと足にまとわりつかない長さで使いやすいと思います。

またテーブルクロスの生地によっても違いがあります、無地で細い繊維のものほどランクが上がります。素材としては、麻が最も格式高く、綿、化繊と続きます。

出典:https://jp.pinterest.com/

テーブルランナーは、フォーマルな印象のテーブルクロスの上にかける飾り方やテーブルの上にテーブルランナーのみで飾る方法もあります。

出典:https://jp.pinterest.com/

こちらはスタイリッシュな印象になります。

出典:https://jp.pinterest.com/

テーブルマットは、いわゆるランチョンマットです。

レースやウッド、円形のものや長方形のものなど、様々な形のものがあります。お皿の真下に置くものになるので、お皿の相性も考えて選びましょう。単独で使っても、テーブルクロスやテーブルランナーと組み合わせても素敵です。

出典:https://jp.pinterest.com/

こちらは円形のお皿に円形のテーブルマットを合わせていて円の配置も絶妙ですね。またグリーンを飾ることで、新緑の夏らしいイメージが出ています。落ち葉や、木の実等を飾ると秋の雰囲気が出てきます。同じランチョンマットでも、小物を変えるだけで、違ったイメージになりますね。

まとめ


あとは季節を感じさせるお花や、ドライフラワーなど、デコレーションしていくと、より楽しくなりますよね。それから一人分のスペースとして60cmは確保しましょう。

居心地の良さや、スペシャル感を演出した空間に招かれたゲストは、リラックスして楽しんでくれますよ☆まずは基本を押さえてから小物等を飾って、個性を生かしたテーブルセッティングを楽しみましょう。

ワインを飲み続けて15年。建築関係の仕事をしながら、ライターとしても活動中。ワイン片手に読んでいただけるようなお話をお届けします。犬好き、コーヒー好き、ハワイ好きもちろんワイン好き。未来の夢はハワイに住むことです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.