初心者でも簡単!「暮らしのキロク」を使って、味わったワインの記録をしよう。

皆さんは「暮らしのキロク」をご存じですか?2015年8月に発売されてから、じわじわと人気が広がっている可愛くデザインされた手帳用の付箋です。

「暮らしのキロク」には様々なカテゴリがありますが、その中から今回は「暮らしのキロク」のワインについてご紹介します。

暮らしのキロクの使い方


出典:http://www.kingjim.co.jp/

飲んだワインを記録するものといえば、テイスティングノートやワインラベルレコーダーが有名です。最近はスマートフォンのアプリ「vinica」を使って記録している人も多いかもしれませんが、「暮らしのキロク」は、誰でも簡単に手帳や日記を彩ることができる付箋です。

付箋なので時間をかけずにパッと簡単にメモ。毎日の日記や何かを記録することはすこし面倒ですが、「暮らしのキロク」は付箋のデザインが可愛いので、書きこんで日記や手帳に貼るだけで簡単にオシャレなページができあがります。

記録する内容も簡単


ワインを記録する項目は、必要最低限の項目のみと非常にシンプルです。テイスティングノートであれば、ワインの外観、色、香り、味わいなど、細かく分けるとチェックする項目が20以上ありますが、「暮らしのキロク」であれば、ワイン名、ヴィンテージ、価格、味わいと非常にシンプルなので、カジュアルにワインを楽しんでいる人でも簡単に記録することができます。

購入した(飲んだ)ワインの情報をメモして、自分にぴったりのワインを見つけるために使った方が良いかもしれません。

また、ワイン初心者の人からよく聞くのが、「香りの表現が難しい」ということです。この「暮らしのキロク」には「香り」の項目がないので、ワイン初心者の人も気軽に記録することができます。飲んだワインを記録していこうかな...と考えているようなワイン初心者の人にはお薦めのグッズです。

便利なカードサイズ


カードサイズのため、手帳カバーの名刺ポケットなどにストックして持ち運ぶことも可能です。購入は、全国の東急ハンズやLOFTなどの雑貨店、もしくは楽天やAmazonなどのネット通販で購入が可能です。

都内関東圏の東急ハンズ、LOFTを何店舗か回ってみましたが、必ず置いているわけではないので、購入の際は事前にチェックした方がよいかもしれません。ちなみにお値段は1冊25枚入りで450円(税抜)です。

まとめ


出典:http://www.kingjim.co.jp/

いまでは読み終えた本の評価や感想を記録できる「BOOK」や、外食をした時に記録ができる「RESTAURANT」、使った化粧品の記録ができる「COSME」、旅行の思い出を記録できる「TRAVEL」など、自分のライフスタイルや好きなテーマに合わせられるように28種類に増えました。

「暮らしのキロク」は付箋なので、一度貼ってもまたはがして貼りなおせるのがいいですよね。手帳を変えても貼り直すだけで済みますし、1年の終わりにまとめることもできるので、記録の管理がしやすくなります。

私は大好きなコーヒー豆を記録できる「暮らしのキロク」も購入したので、挽いたコーヒー豆の記録も残していこうと思います。自分のライフスタイルや好きなテーマに合わせて、いろんな組み合わせで使っていくと、面倒だったログも楽しくなるかもしれませんね。


かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.