知っておきたいワインの基礎知識!ボルドーワインはどんなワイン?

出典:https://www.thedrinksbusiness.com/
ボルドーはブルゴーニュと共にフランスの二大銘醸地なので、名前だけでも聞いたことがある方も多いと思います。世界でも高値で取引されるワインがたくさんあり、高級ワインの生産地のイメージですが、もちろん格付けのついていない低価格のワインもあります。

また、ボルドーを中心とした一帯で産出されるワインを「ボルドーワイン」と呼びます。今回はそんなボルドーワインについてご紹介します。

ボルドー地域の概要


北緯44~46度に位置
栽培面積:約11.7万ヘクタール
年間生産量:約540万ヘクトリットル

ボルドーのワイン産業はイギリスと交易することにより、特に左岸のメドック地区を中心に発展して市場価値を高めました。栽培面積も生産量も大規模な産地です。位置はフランス南西部に位置し、年間を通じて気候は穏やかで比較的湿度の高い海洋性気候です。

赤ワインや白ワイン、甘口白ワインが造られていますが、赤ワインの比率が一番高く、ブルゴーニュと違って、複数のブドウをブレンドしてワインを造ることも特徴の一つです。赤ワインの全体的な特徴としては力強く渋味のしっかりとしたワインで熟成するにつれて落ち着いた味わいに変化するものが多いです。

多くの生産者はブルゴーニュの生産者より生産量が多いのですが種類は少なく、グラン・ヴァンと呼ばれる最上級品とセカンド・ワインと呼ばれる格下げしたロットから造られるワインの2種類くらいしか造っていません。

また、大半の生産者はシャトー〇〇と名乗っています。シャトー(chateau)とはもともとお城という意味ですが、「自社畑を持つワイナリー」という意味で使われていて、ブルゴーニュでいうドメーヌと同じような意味です。

ボルドーはよく貴族的、組織的な産地だと言われ、ブルゴーニュの造り手が農夫と言われることと対照的です。ボルドーでは大規模生産者になるとオーナーが畑で仕事をすることはほとんどなく、有名生産者はスーツを着ているイメージですが、もちろん小規模な生産者になると現場に出て仕事をしています。

主要ブドウ品種


ボルドーでは赤ワインも白ワインも複数品種をブレンドしてワインにします。それぞれの品種に香りや味わいの特徴があるので、ブレンドすることでワインの複雑味が増すからです。ここではボルドーワインで使われる主要なブドウ品種をご紹介します。

黒ブドウ


カベルネ・ソーヴィニヨン
メドック地区、グラーヴ地区の赤ワインにおける主要品種です。渋味の強いワインが出来上がります。

メルロー
サンテミリオン地区、ポムロール地区における主要品種です。渋味も酸味もまろやかで果実味に富んだ柔らかいワインを造り出します。

カベルネ・フラン
例外を除き、あまり主役としてブレンドされることがない品種です。風味はカベルネ・ソーヴィニヨンとよく似ていますが、渋味はそれほど強くありません。

白ブドウ


セミヨン
辛口白ワイン、甘口白ワインのどちらにも用いられる品種です。貴腐菌がつきやすいのでソーテルヌ地区では貴腐ワイン用のブドウとしてよく使用されています。

ソーヴィニヨン・ブラン
さわやかな酸、軽快なボディ、華やかな香りが特徴です。

塩澤みなみ ブログ | twitter
東京都渋谷区在住。ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。
記事一覧 / プロフィール
Contents

関連コラム

ソーシャル

  • follow us in feedly
Page Top
飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。