マッシュルームは生でも食べられる!香り豊かな生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のきのこです。カロリーが低く、ビタミンBや食物繊維、むくみを解消するカリウム、血の巡りを良くするナイアシンなど、ヘルシーで栄養価の高い食材です。

また、ブラウンマッシュルームとホワイトマッシュルームがあり、ブラウンマッシュルームは濃厚な旨みと風味を生かし、アヒージョや煮込み料理にピッタリです。

ホワイトマッシュルームは、エグミが少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。

今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま、脇役ではなく主役にしたおつまみレシピをご紹介します。

合わせるワイン


フロンテラ シャルドネ
[分類] 白ワイン・辛口
[生産] チリ
[品種] シャルドネ

デイリー価格にしてこの味わい!試飲をしてから価格を知ると、ほとんどの方が驚かれます。南国フルーツの中に潜む、クルミ、ハチミツ、爽やかなハーブなど複雑なアロマ。ちょっとトロみを感じる優しい飲み口と厚みのある味わいを、爽やかな酸とほのかな苦みが引き締めます。

キンと冷やしてフレッシュで爽やかな味わいを楽しむのもいいですし、少し温度をあげて厚みのあるリッチ感を味わうのもいいでしょう。懐が深いので細かいことを気にせず、カジュアルに楽しめるワインです。

材料:2人分


ホワイトマッシュルーム 6個
塩 小さじ1/4
オリーブオイル 適量
粉チーズ 適量
タイム(またはパセリ) 適宜

作り方


【1】ホワイトマッシュルームを3~5mm幅にスライスし、塩をふって軽くもみます。食感重視ならすぐに盛り付け、しんなりさせたい場合は2~3分待ちます。

【2】器に盛りつけます。カジュアルな家飲みならパサッと山盛りにしても構いません。今回のように綺麗に並べてひと手間かけた「おもてなし風」にするのもいいでしょう。

【3】オリーブオイルを全体にまわしかけ、粉チーズをトッピング。どちらもお好きなだけ、分量に決まりはありません。お好みでタイムをちらして完成。

ホワイトマッシュルームの上品な旨みとオリーブオイルの香り、そこに相性抜群のチーズをパラッとかけてワインと合わせれば、厚みと深みがプラスされて、クルクル移り変わる万華鏡のようなマリアージュを楽しめます。

「フロンテラ シャルドネ」は、マリアージュの幅が広いことも魅力の1つです。野菜や魚はもちろん、濃厚な味付けにしなければ肉料理とも寄り添います。ホワイトソースやマヨネーズなどクリーミーな料理、ヤムウンセンなど甘酸っぱい味付けのアジア料理、アンチョビやニンニクなどインパクトのある味付けも構いません。あくまでもカジュアルに、気軽に楽しく飲みましょう。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.