マッシュルームは生でも食べられる!生マッシュルームサラダの作り方

マッシュルームは、ヨーロッパでよく使われている定番のキノコで、ホワイトマッシュルームは、えぐ味が少なく食感も繊細で、唯一生のまま食べられるキノコです。スライスしてグリーンサラダに混ぜたり、サンドイッチやピザのトッピングとしても人気です。

今回はマッシュルームの独特な歯ごたえと旨味が楽しめるように、ホワイトマッシュルームを生のまま使ったおつまみレシピをご紹介します。

合わせるワイン

フロンテラ シャルドネ

[分類] 白ワイン・辛口

[生産] チリ

[品種] シャルドネ

デイリー価格にしてこの味わい!試飲をしてから価格を知ると、ほとんどの方が驚かれます。南国フルーツの中に潜む、クルミ、ハチミツ、爽やかなハーブなど複雑なアロマ。ちょっとトロみを感じる優しい飲み口と厚みのある味わいを、爽やかな酸とほのかな苦みが引き締めます。

キンと冷やしてフレッシュで爽やかな味わいを楽しむのもいいですし、少し温度をあげて厚みのあるリッチ感を味わうのもいいでしょう。懐が深いので細かいことを気にせず、カジュアルに楽しめるワインです。

材料:2人分

ホワイトマッシュルーム 6個

塩 小さじ1/4

オリーブオイル 適量

粉チーズ 適量

タイム(またはパセリ) 適宜

作り方

【1】ホワイトマッシュルームを3~5mm幅にスライスし、塩をふって軽くもみます。食感重視ならすぐに盛り付け、しんなりさせたい場合は2~3分待ちます。

【2】器に盛りつけます。カジュアルな家飲みならパサッと山盛りにしても構いません。今回のように綺麗に並べてひと手間かけた「おもてなし風」にするのもいいでしょう。

【3】オリーブオイルを全体にまわしかけ、粉チーズをトッピング。どちらもお好きなだけ、分量に決まりはありません。お好みでタイムをちらして完成。

チーズとオリーブがポイント!

ホワイトマッシュルームの上品な旨みとオリーブオイルの香り、そこに相性抜群のチーズをパラッとかけてワインと合わせれば、厚みと深みがプラスされて、クルクル移り変わる万華鏡のようなマリアージュを楽しめます。

また、今回合わせた「フロンテラ シャルドネ」は、マリアージュの幅が広いことも魅力の1つです。野菜や魚はもちろん、濃厚な味付けにしなければ肉料理とも寄り添い、気軽に楽しむには最適な白ワインなので、ぜひ生マッシュルームサラダと合わせてみて下さい。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

ワインのお悩み相談室!初心者が抱える悩みを葉山考太郎先生が解決します。

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

VRでワイナリーを疑似体験できる!「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.