間違っていませんか?ワイングラスの正しい洗い方と保管方法をチェック!


繊細なワイングラスは割ってしまうのが怖いからといって、自然乾燥ですと水滴が水垢になって残ってしまい、折角綺麗なクリスタルグラスも台無しです。また、グラスは磨くことによって輝きが増すので、日々のお手入れも大事になってきます。

そこで、今回はワイングラスの洗い方とお手入れについてご紹介ます。

紫貴先生の「ワンポイントレッスン」でもグラスの手入れ方法を紹介しているので、併せてご覧になってください。

クリスタルガラスの正しい洗い方


ワイングラスを割ってしまうシーンで最も多いと言われているのが洗浄中です。特にクリスタルガラスで作られているワイングラスは、酸化鉛をグラス原料に混ぜ合わせているため、美しい輝きや重量感を楽しめる反面、非常にキズがつきやすく衝撃に弱い性質を持っています。

クリスタルガラスは割れやすい素材なので、洗浄する際は他の食器に当ててしまったり、倒してしまわないよう充分に注意をして下さい。

洗うときは温水で


また、クリスタルガラスは温水の温度にも気を付ける必要があります。クリスタルに含まれる「酸化鉛」は、温水により膨張をする性質を持っているので、グラスが膨張して割れが発生する可能性があるのです。

温度の急激な低下はグラスが収縮するので、適度なぬるま湯で洗浄頂くことを強くお勧めします。常温の流水でも問題ありませんが、冬場はどうしても冷たい水が出てくるので、やはり適度なぬるま湯がいいでしょう。

スポンジを使う時は優しく


普通の汚れであれば、ぬるま湯に通すだけで落とせますが、グラスのふちに付いた唇の跡や口紅などは中性洗剤を使用して洗いましょう。その時、スポンジを使っても飲み口をゴシゴシとこするの危険なので優しくこすって下さい。

グラス専用のスポンジもあるので、普通のスポンジでは怖いと感じる人は、このような専用スポンジを使うことをお薦めします。


洗浄時のグラスの持ち方も大事


洗浄の時はグラスの足(台座)とボウルをねじるように力を加えるのは絶対に行ってはいけません。ボウル下を包むように片手で持ちながら、柔らかいスポンジで洗うと破損率が少なくなるので、持ち方にも注意しましょう。

ワイングラスの正しい持ち方


洗浄後どうしても汚れてが気になる場合には、拭く前に熱湯から立ち昇る湯気にあててから、使い古した繊維のリネンや日本タオル等を使い、グラスのカップ部分と底部に対してひねる様に力を加えないよう気を付けながら拭きとって頂ければ、非常にきれいに仕上がります。

グラスの保存方法にも注意



グラスの保管方法も飲み口を下にして伏せた状態で保管すると、繊細な飲み口部分に負荷がかかって割れてしまったり、飲み口がを下にすると倒れる危険があります。乾燥や保管の際は、台座を下にした状態で置いてください。

ただし、台座を下にした状態で保管していればひと安心というわけではありません。例えば、使用する事なく食器棚内にしまってあるクリスタルガラスはありませんか?

クリスタルガラスは使わなければ表面が白く曇ってくるので、保管しているグラスがあれば、たまには湯気に当ててグラスを磨いてあげましょう。ちなみにホテルやレストランなどでは、グラス専用のふきんを使用しているところが多いようです。


家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.