ワインを東京土産に!コトづくりのワイン醸造所、深川ワイナリーの魅力とは?


ワインといえば、思い浮かべるのが山梨県や長野県です。日本ワインの歴史を紐解いていくと、辿りつくのは山梨県。日本のブドウ生産量1位は山梨県ですし、2位の長野県、3位の山形県とブドウ栽培が盛んに行われている地域では、ワイナリーも数多く存在します。

ワイナリーといえば、ブドウ造りから始まり、醸造、瓶詰めまで行っているイメージですが、実はワインの製造にかかわる事業のことを指すため、ブドウを栽培していなくても醸造を行っていればワイナリーといえるのです。そこで、近年、街の真ん中にワインを醸造する都市型ワイナリーが増えてきました。

今回ご紹介するのは東京都江東区にオープンした深川ワイナリー。代表の中本徹さんのワインに対する想いから、「コトづくりのワイン醸造所」をコンセプトとしてオープンしました。

左から上野さん、中本さん、関口さん


まずは醸造所の中を見学させていただきました。

5台並んだステンレスタンクの中には、濾過、無濾過のキャンベルス、シャルドネ、メルローが入り、全てのタンクが稼働している状態でした。キャンベルスは山形県産と北海道産の2種類を発酵中。キャンベルスといえば山形県か北海道。共に夏は湿度が低く、昼夜の寒暖差が大きいので こうした冷涼な気候はブドウの栽培にとって最適な条件です。

「寒暖差が大きければ大きいほど、酸が落ちにくいので、キリッとした辛口のワインが造れる」と話すのは、滋賀県のヒトミワイナリーで醸造担当をしていた醸造家の上野さん。また、マスカットベーリーAなど、酸が落ちついている方が美味しく感じるワインに関しては、山梨県産のブドウが適しているとおっしゃっていました。

※山形県産キャンベルス

※北海道産キャンベルス

同じ品種とは思えないワインの色です。濾過、無濾過の違いはありますが、山形県産のキャンベルスはロゼ仕上がり、北海道産のキャンベルスは赤ワイン仕上がりになるそうです。


醸造室の奥の木樽は、オーストラリア産のシャルドネとメルロー、そしてカベルネ・ソーヴィニヨンを発酵中でした。また、ちょうどこの日は瓶詰めが行われる日だったので、瓶詰めの時間までテイスティングルームでワインのテイスティングを行いました。

※山形県産キャンベルスの濾過ワイン(左)と無濾過ワイン(左)

濾過ワインはまさに昨日作業して出来あがったワインだとか。飲み比べて感じたのは無濾過ワインのフルーティーさです。関口さんに伺ったところ無濾過ワインは女性に人気で、濾過ワインは男性に人気だとか。

また、深川ワイナリーはワイン造りだけではなく、醸造したワインを飲むことができる「九吾郎ワインテーブル」も運営しています。九吾郎ワインテーブルのシェフが元寿司職人ということもあり、和食によったメニューになっているので、ワインは基本的には全て辛口で造っているそうです。メニューも醸造担当の上野さんと一緒に試行錯誤しながら考えているとのこと。


都市型ワイナリーを造った理由を伺ったところ、「もともとはモノづくりをしてきましたが、更に自分たちでなにかつくりたいという想いと、代表の中本がワイン好きということもあり、都市型ワイナリーを造りました」と関口さん。

続けて「将来は測り売りをやりたいですね。瓶を1本買って、その瓶を持っていくとワインを入れてくれる。それが出来ればいいなと考えています」とお話しします。

様々なコトに挑戦する深川ワイナリーですが、やはりそこには「コトづくり」に対する熱い想いがありました。ただワインを造るだけでなく、お客様と一緒になってワインを造るという事を目指しているそうです。例えば、レストランにタンク1つをお買い上げいただき、そのレストランと一緒になってオリジナルワインを醸造する。また、還暦祝いや結婚祝いに醸造体験をしていただき、そのお祝いでワインを振る舞うなど、モノをつくるのではなく「コト」をつくっていくことを第一に考えているそうです。

と話していると、瓶詰めが始まりました。

※ボトルの洗浄
まずはボトルの洗浄を行います。

※瓶詰め
続いてボトルにワインを注いでいきます。

※コルク打ち
最後にコルクを詰めていきます。

瓶詰めは3人が流れ作業で行っていました。自分が住む地域でワインが造られることで、その地域の人たちはワインを身近に感じ、多くの人に親しまれるようになり、それが地域の活性化へと繋がっていきます。

「やっぱりワインってこむずかしいことをいわれる人が多いので、もっと気軽に一般の方に気軽に飲んでいただきたいという想いがあるので、仕事帰りなどにフラっと寄って1本ちょうだい!と、買っていただけると嬉しいですね」と。

また、「将来は世界へ輸出して深川ワイナリーを知っていただき、2020年、オリンピックで日本にいらっしゃった時に深川ワイナリーのワインを買っていただければと、海外輸出も考えています」と深川ワイナリーの未来についても語っていただきました。


深川ワイナリーのワインラベルには「TOKYO」の文字が刻まれているワインがあります。これは東京土産として販売されているオリジナルボトル。世界に向けて発信していけるように”東京発”へのこだわりも見えました。

両国に東京のお酒や食品に特化した「東京商店」というお店に、深川ワイナリーが造ったワインも置いていただくことになっているそうです。また、来年の1月に清澄白河にワインと発酵食品のお店を自社で出店予定だとか。勢いよく広がっいく深川ワイナリーのワインが、東京土産として羽田空港や東京駅で販売される日も近いのかもしれません。

家ワインではこれからも深川ワイナリーを応援していきます。

深川ワイナリー
東京都江東区古石場1-4-10 高畠ビル1F

営業時間
平日:10時~18時
(ご予約いただければ、夜も営業いたします)
金・土・日・祝日:10時~22時
(17時からバータイム)
醸造所のご見学・試飲のご予約
お電話:03-5809-8058
e-mail:info@fukagawine.tokyo

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.