格付けシャトーにも負けない!安くて高品質なボルドーワイン「クリュ・ブルジョワ」とは?

出典:http://www.gelin-vins.be/

クリュ・ブルジョワという言葉を聞いたことがありますか?フランスのボルドー地方、メドック地区の格付けシャトーに続く認証です。

寒くなってきて、赤ワインが飲みたくなってきますよね?特にこの季節はボルドーワインの季節です。格付けシャトーは価格が高くて飲めませんが、ひとつ下のランクのクリュ・ブルジョワであれば、安いものは2000円代から購入できます。

そこで、今回はクリュ・ブルジョワについて学んで、安くて美味しいボルドーワインを知っていきましょう。

クリュ・ブルジョワとは?

クリュ・ブルジョワの正式名称はクリュ・ブルジョワ・メドック(Cru Bourgeois Medoc)です。メドック地区のワインで、格付けシャトーに次ぐランクとして「サン・テステフ」、「ポイヤック」、「サン・ジュリアン」、「リストラック・メドック」、「ムーリス」、「マルゴー」、「オー・メドック」、「メドック」のAOCにあるシャトーの中から認定されています。

もともとは1932年に、1855年のメドックの格付けで格付けされなかったシャトーのうち品質の高いシャトーがワインの仲買人に頼んで作ってもらった格付けで、国家公式のものではありませんでした。

2000年に、「クリュ・ブルジョワ・エクセプショネル」「クリュ・ブルジョワ・シュペリュール」「クリュ・ブルジョワ」の3つのカテゴリーに分けられ、規定が決められました。そして、2003年に政府が正式な格付けとして初めて発表を行いました。

しかし、公正性に疑問があるとして2007年に無効となり、2009年に再度正式に承認され、2008年ヴィンテージのものから認証として適用されています。

クリュ・ブルジョワの審査方法

出典:http://amateurgastronomer.com/

メドックの格付けとは異なり、収穫年の2年後に定期的に審査が行われ、2013年に発売された2011年ヴィンテージの審査では、256のシャトーがクリュ・ブルジョワとして認められています。

2008年からクリュ・ブルジョワ認証と日本語でも訳されているように「格付け」というよりかは「認証」という認識です。審査機関にワインを提出して合格したらラベルにクリュ・ブルジョワの文字をいれられます。

ただし、多くのシャトーが認証されてしまったので、他のシャトーと一緒にされたくないシャトーはクリュ・ブルジョワから抜けたりもしています。 出典:http://amateurgastronomer.com/

また、2013年からは偽造品防止のためにオリジナルのロゴマークと識別ナンバーが付けられています。 少し数が多すぎる気もしますが、ある一定のレベルは通過しているものなので品質は安定しています。

実際には、有名な「シャス・スプリーン」や「モーカイユ」などは値段も上がってしまっていますが、他にも安くて美味しいワインは沢山あります。ぜひワインを買う時のひとつの目安にしてみてください。

シャトー・トゥール・サン・ボネ
[2014] シャトー トゥール サン ボネ 750ml(メドック クリュ ブルジョワ級)赤ワイン【コク辛口】((AHSB0114))
Amazonで見る

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.