カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

パーティーやお祝いの席で華を添えてくれるスパークリングワインは、特別な日や記念日に飲まれることが多いのではないでしょうか?

しかし、イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。

チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

ラベルに描かれている動物は?


ラベルに描かれている動物は、プードゥ(プーズー)というチリのチロエ島に生息している世界最小の鹿です。体長は約70cm、高さは約40cm、体重は約9~10kgととても小さく、世界中でその可愛さが絶賛され、絶大な人気を誇っています。赤ちゃんのプードゥは背中に白い斑点があるので、うりぼう(イノシシの子ども)のようで可愛さが増します。

プードゥはチリでも生息数が少ないため、絶滅危惧種にも認定されている貴重な動物ですが、実はそのプードゥが日本に初上陸しました。今回、日本に上陸したプードゥはチリのサンチアゴ・メトロポリタン公園から埼玉県に寄贈されたオス2頭、メス2頭の全4頭。飼育展示として日本で初めての公開となり、12月4日(日)に一般公開されました。

カジュアルなのに本格的なスパークリングワイン


チリワイン「プードゥ」を生産しているのは、130年以上の歴史を誇るチリ最大のワイン生産者「コンチャ・イ・トロ」です。自社で保有する広大なブドウ畑からは、チリを代表する名ワイン「ドン・メルチョー」をはじめ、「カッシェロ・デル・ディアブロ」や「サンライズ」、「フロンテラ」など、チリ最高峰のプレミアムワインからカジュアルなデイリーワインまで様々なシリーズのワインが生まれています。

今回紹介する「プードゥ スパークリングワイン」は、カジュアルなのに本格的な味わいを楽しむことができるので、リッチな気分に浸りたい時や、いつも頑張っている自分へのご褒美にぴったりなスパークリングワインです。

また、親しみやすさを感じるデザインなので手に取りやすく、コストパフォーマンスにも優れています。スパークリングワイン以外にもスティルワイン4種の計5種のラインナップがあります。ぜひ、スティルワイン4種も試してみて下さい。

爽やかで繊細な泡立ちが魅力的


グラスに注ぐと細かく繊細な泡が勢いよく立ち上がります。香りを楽しみたい人は普通のワイングラスで楽しむのもいいでしょう。パープルをベースをしたキュートなワインボトルは、テーブルに華やかさを演出してくれます。

香りは青リンゴやレモンなどの柑橘系の爽やかな香りを感じます。酸味の効いたシャープな味わいとフレッシュな果実味が調和して口の中に広がります。ラベルの表記はやや辛口ですが、フルーティな残糖感が心地よく、柔らかな口当たりでバランスがとれたスパークリングワインです。

さわやかで非常に飲みやすいスパークリングワインなので、日本の食卓など幅広いシーンでも活躍するでしょうし、ライトユーザーもたのしめる1本になっています。

まとめ


「スパークリングワイン」や「シャンパン」と聞くと少々ハードルが高いイメージを持つ人が多いかもしれませんが、今ではスパークリングワインも安旨の時代です。気軽に贅沢な気分を味わえる「プードゥ スパークリング」をワインライフに加えると、より生活が豊かになるのではないでしょうか?

「プードゥ」シリーズのコンセプトは、カジュアルな雰囲気で楽しむことができるチリワイン。特別なワインではなく、あたり前のように日々の暮らしにさりげなく溶け込んでくれるワインなので、お家でのリラックスタイムを素敵に演出してくれるでしょう。

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.