世界中のファンを魅了する!ブルゴーニュワインの特徴や魅力とは?

「ワイン好き」であれば知っておきたい産地が、ボルドーと並んでフランス二大銘醸地の一つでもあるブルゴーニュです。ブルゴーニュのワインは少々値段が張るため、なかなか手の届かないワインかもしれませんが、ワイン愛好家の人が好むのがブルゴーニュのワインなのです。それはなぜでしょうか?ということで、今回はワイン初心者の方のために、ブルゴーニュについて簡単にご紹介します。

ブルゴーニュで使用可能なブドウ品種とワイン名


Pinot Noir

ワインの名産地であるフランス・ボルドー地方と並んで、フランスの2大銘醸地として知られるのがフランス東部のブルゴーニュ地方です。

ワインの産地名としてはブルゴーニュの特定の地域で製造されたワインに対し「ブルゴーニュ」という言葉の使用が許可されています。使用されている品種はシャルドネとピノ・ノワールがほとんどで、一部アリゴテやソーヴィニヨン・ブラン、そしてボジョレー地区ではガメイが植えられています。

また、ブルゴーニュで造られるワインは、村名ワイン、畑名ワインなどにプラスして造り手の名前もワイン名に加わるため、ワインの正式名称を言いたければ、「○○年村名(もし畑名なども付くならば畑名)+生産者名」で正式名称になるので、非常に長い名前になります。シャトー名だけのボルドーとは対照的ですね。

つまり、村×畑×造り手×収穫年の数だけワインがあるというわけです。

ただし、赤ワインのほとんどはピノ・ノワールで、白ワインのほとんどがシャルドネと単一品種で造られています。一部で例外もありますが、ブドウ品種だけで考えると非常にシンプルな産地でもあります。

土壌成分の違い


ブルゴーニュは「小道一本隔てるだけでワインの味わいが劇的に変化する」と言われています。

その理由は、地質年代で言うところのジュラ紀、今から約2億年ほど前に石灰岩と泥灰岩が風化して土壌ができました。地層は細かく分断され、何億年もかけて地質活動でシャッフルされた結果、隣同士なのにまったく違う土壌だったり、様々な土壌ができあがりました。

ワインを造るのに土壌も大切な要素になるので、隣の畑に同じブドウを植えても土壌が少し違えば、全く違うワインが出来あがります。これが「ブルゴーニュらしさ」として、ブルゴーニュワインの大きな魅力となり、ワイン愛好家を虜にしているのです。

押さえておきたい!有名な村


Gevrey Chambertin

覚えるのも複雑ですが、味わいも複雑なので虜になってしまうのがブルゴーニュワインです。なかでも有名な村は、コート・ド・ニュイ地区の「ジュヴレ・シャンベルタン」、「シャンボール・ミュズニ」、ヴージョ」、「ヴォーヌ・ロマネ」、コート・ド・ボーヌの「アロース・コルトン」、「ムルソー」、「ピュリニー・モンラッシェ」、「シャサーニュ・モンラッシェ」や「シャブリ地区」などが上げられます。

村ごとに特徴を捉えたり、造り手ごとに特徴を捉えたり、様々な楽しみ方ができます。ワイン会などに参加すると沢山の種類が飲めますし、探して参加してみるのもいいですし、色々飲み比べてみると楽しいと思います。

コンビニやスーパーにはなかなか売っていませんが、クリスマスやお祝いの時には奮発してブルゴーニュを飲みたいですね。

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.