高品質を世界中が賞賛!約200年の歴史を持つ老舗シャンパーニュ・メゾン「アンリオ」

今回ご紹介するシャンパーニュ・メゾン「アンリオ」は、長い歴史ある家族経営のメゾンです。創業は1808年とされてますが、それよりも遥か昔、まだシャンパーニュ製法が確立される以前の1640年からシャンパーニュ地方の中心都市ランスでワインを造っていた記録がある、まさに老舗と呼ぶに相応しいメゾンです。

アンリオのスタイル


アンリオのスタイルを決定付けているのは「シャルドネの使用率の高さ」、そして「格付け率の高さ」、この2つです。

シャンパーニュ地方のシャルドネの平均使用率が30%程度であるのに対し、アンリオでは平均40%~60%という高い数値です。そして、使用するブドウもグラン・クリュ(特級畑)のブドウを多く使用しています。

シャンパーニュ地方では格付けを村ごとにパーセンテージで表します。グラン・クリュが100%で(わずか17ヵ村)、プルミエ・クリュが99~90%(38ヵ村)。シャンパーニュは基本色んな村のブドウをブレンドするので、このパーセンテージが高いほうが良い産地のブドウを多く使用していることになります。

アンリオの平均格付け率はなんと97%。これはアンリオの高品質を端的に分かりやすく示している好例といえるでしょう。

高品質のノウハウは他でも


その高品質は自社だけに留まらず、他の所にも向けられています。先代のジョゼフ・アンリオは1995年にブルゴーニュの老舗ネゴシアン「ブシャール・ペール・エ・フィス」を、翌年にはシャブリの名門「ウィリアム・フェーヴル」の経営に乗り出します。ここでもアンリオで培った高品質のノウハウを活かし、やや翳りが見えていたこの2つの老舗を見事に復活させています。

アンリオはシャルドネを多用するスタイルでブレンドし、ピノ・ノワールも北向きのグラン・クリュの畑のものを多く使うという徹底した高品質主義。ピノ・ノワールは、南向きの畑のものより熟すのに時間がかかるため繊細さが増します。

そして、もう1種類ブレンドによく使われるピノ・ムニエは基本的に一切使用しません。そして非常に長い熟成期間。しかも、法律で定められた最低熟成期間の3~4倍の長い熟成を経てからリリースされます。プレステージ・シャンパーニュの「キュヴェ・デ・アンシャンテルール」に至っては現行ヴィンテージがなんと2000年!これは大手メゾンの中でも最も遅いリリースなのです。

まとめ


繊細な中にも芯の強さを持ち合わせたアンリオならではのスタイル。シャルドネを多用しているので魚をよく使う和食にも好相性です。和食にワインを合わせたいシーンでは大活躍間違いなしです。

お寿司、お刺身、天ぷらなど和の王道とのマリアージュ、そしてじっくり時間をかけてワイン単体で飲む…どちらも楽しめる稀有なシャンパーニュですね。

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.