世界中で愛されている!抜群の安定感を誇るシャンパン「テタンジェ」の魅力とは?

出典:http://feinschmeckerblog.de/

今回ご紹介するシャンパンはテタンジェです。1734年創業のフルノー社を起源としていますが、テタンジェの名前で販売を始めたのは1930年からと比較的若いメゾンです。

しかし、生産量約500万本の2/3が輸出されている、世界で有名なシャンパンです。所有している畑も280ヘクタールと大変広く、その畑から収穫できるブドウで、生産量の半分を賄っています。この割合はシャンパーニュ・メゾンでは非常に高い数字です。

コント・ド・シャンパーニュ

テタンジェはシャルドネの使用比率の高さがスタイルです。通常のブリュット・レゼルヴのブレンドにもシャルドネが4割と、他社より高めの比率でシャルドネを使用しています。しかし、テタンジェのシャルドネの真髄はプレステージ・クラスの「コント・ド・シャンパーニュ」にあると言えるでしょう。

独特な形のボトルに入ったこのシャンパンは、ファースト・ヴィンテージは1952年と、一般市場に向けた世界初のブラン・ド・ブラン(シャルドネ100%で造ったシャンパーニュ)です。使用されているブドウも素晴らしく、シュイイ、クラマン、アヴィーズ、オジェ、メニル・シュール・オジェと、コート・デ・ブラン地区の特級格付けの村で取れたシャルドネのみを使用しています。

ドン・ペリニヨンに匹敵する確実性

出典:http://www.wineanorak.com/

香ばしいトースト香に厚みのあるリッチなコク。私の知る限りこのシャンパーニュを飲んで「嫌い」と言う人を聞いた記憶がありません。

プレステージ・クラスのシャンパーニュは、どのメゾンでも長期熟成を施してから市場に出していますが、それでも若々しく感じることがあります。しかし、コント・ド・シャンパーニュには「円熟感」があり、期待を裏切られたことがありません。この安定した高品質はドン・ペリニヨンと双璧を成すものだと思っています。

ただし、コント・ド・シャンパーニュにも難点が1つだけあります。それは、セラーに収まりづらいところでしょうか…。

まとめ

テタンジェは他のラインナップも個性的で、特級格付の村で獲れたシャルドネとピノ・ノワールのみを使用した「プレリュード」、やや甘口の「ノクターン」などバラエティに富んでいます。

ランスにある本社は見学も積極的に受け入れており、専用のガイドの方もいます。年間6万人以上の人達が訪れる非常に外交的なメゾンです。ご興味あればぜひ訪問してみてはいかがでしょうか?

サッポロビール
テタンジェ ブリュット レゼルヴ ボックス入り 750ml [辛口] [フランス/スパークリングワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]
Amazonで見る

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.