世界中で愛されている!抜群の安定感を誇るシャンパン「テタンジェ」の魅力とは?

出典:http://feinschmeckerblog.de/

今回ご紹介するシャンパンはテタンジェです。1734年創業のフルノー社を起源としていますが、テタンジェの名前で販売を始めたのは1930年からと比較的若いメゾンです。

しかし、生産量約500万本の2/3が輸出されている、世界で有名なシャンパンです。所有している畑も280ヘクタールと大変広く、その畑から収穫できるブドウで、生産量の半分を賄っています。この割合はシャンパーニュ・メゾンでは非常に高い数字です。

コント・ド・シャンパーニュ


テタンジェはシャルドネの使用比率の高さがスタイルです。通常のブリュット・レゼルヴのブレンドにもシャルドネが4割と、他社より高めの比率でシャルドネを使用しています。しかし、テタンジェのシャルドネの真髄はプレステージ・クラスの「コント・ド・シャンパーニュ」にあると言えるでしょう。

独特な形のボトルに入ったこのシャンパンは、ファースト・ヴィンテージは1952年と、一般市場に向けた世界初のブラン・ド・ブラン(シャルドネ100%で造ったシャンパーニュ)です。使用されているブドウも素晴らしく、シュイイ、クラマン、アヴィーズ、オジェ、メニル・シュール・オジェと、コート・デ・ブラン地区の特級格付けの村で取れたシャルドネのみを使用しています。

ドン・ペリニヨンに匹敵する確実性


出典:http://www.wineanorak.com/

香ばしいトースト香に厚みのあるリッチなコク。私の知る限りこのシャンパーニュを飲んで「嫌い」と言う人を聞いた記憶がありません。

プレステージ・クラスのシャンパーニュは、どのメゾンでも長期熟成を施してから市場に出していますが、それでも若々しく感じることがあります。しかし、コント・ド・シャンパーニュには「円熟感」があり、期待を裏切られたことがありません。この安定した高品質はドン・ペリニヨンと双璧を成すものだと思っています。

ただし、コント・ド・シャンパーニュにも難点が1つだけあります。それは、セラーに収まりづらいところでしょうか…。

まとめ


テタンジェは他のラインナップも個性的で、特級格付の村で獲れたシャルドネとピノ・ノワールのみを使用した「プレリュード」、やや甘口の「ノクターン」などバラエティに富んでいます。

ランスにある本社は見学も積極的に受け入れており、専用のガイドの方もいます。年間6万人以上の人達が訪れる非常に外交的なメゾンです。ご興味あればぜひ訪問してみてはいかがでしょうか?


Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.