シャンパーニュ地方で作られたシャンパングラス「レーマン フィリップ・ジャムス」

シャンパンが好きな人の中にはシャンパングラスにもこだわりがある人も多いかと思います。今どきクープタイプを使用する人は少ないと思いますが、時代の流れと共に、シャンパングラスの形もフルート型から膨らんだボウル型が主流になりつつあります。

今回ご紹介するシャンパングラスも膨らんだボウル型です。本場フランスのシャンパーニュ地方「マルヌ県」でデザインされ、口吹きのハンドメイドにて作られた、驚愕のコストパフォーマンスを誇るグラスをご紹介します。

レーマン・グラスとは?

シャンパーニュ地方にてワイングラスを生産し、30年以上ワイナリーそしてワイン業界を支えてきたシャンパーニュ・グラスメーカーが「ヴェルリー・ドゥ・ラ・マルヌ」です。

その創設者が、長い間ワイングラス生産に携わる中で、自分たちの知識や経験も生かしながら、最高のグラスを作りたいと、2013年に立ちあがったのが「”Lehmann Glass(レーマン・グラス)”」ブランドです。

業界有数のグラスのプロフェッショナルでありグラス・デザイナーのGerard LEHMANN(ジェラール・レーマン)と、2010年の世界最優秀ソムリエコンクール優勝者であり、名実共に世界一のワインのプロフェッショナルであるGerard BASSET(ジェラール・バッセ)、この2人のプロフェッショナルがブランドを立ち上げました。

シャンパンラバーのためのグラス

※左から「フィリップ・ジャムス」、「ミランダ・チューリップ」

フランス二つ星「シャトー・レ・クレイエール」のシェフソムリエの経歴を持つ、フィリップ・ジャムスと、ラ・マルヌ社が共同開発したシリーズ「フィリップ・ジャムス」は、口吹きのハンドメイドグラスにより、とても口当たりが薄く、香りが立ち味わいを得ることができます。

ほどよい拡がりをボウル部に持たせることにより、繊細な香りと泡を楽しむことができます。ハンドメイドグラスにも関わらず、1脚2000円代とリーズナブル。驚きのコストパフォーマンスを備えた、スパークリングワイン専用グラスです。

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

旅するアルメニアワイン輸入者The Ancient World代表「田村公祐」さんインタビュー

世界最古のワインというとジョージア(グルジア)を思い浮かべる人が多いと思いますが、実はアルメニアも、ジョージアと並んで世界最古のワイン生産地といわれています。ワインの文化は、フランスやイタリアなどヨーロッパだけでなく、中近東にも魅力が詰まっているみたいですね。 今回は中近東各地を年に何度も訪問し、自身でオリエンタルワインを輸入する田村公祐さんにお話を伺いました。

駅近1分。オシャレ着・手ぶらで行ける「CARVINO(カルヴィーノ)」で本格イタリアンBBQと限定ワインを味わおう!

東京ドームアトラクションズをバックに背の高い木々に囲まれて、本格イタリアンBBQ広場「CARVINO(カルヴィーノ)」が2017年6月10日(土)にオープンしました。オープンに先駆けた先行イベントに参加してきましたので、その様子をご紹介します。

ソムリエがテイスティングして飲み比べ!デイリーワインで人気の動物ラベル3種、それぞれのお味は?

今回は、ソムリエの小野沢さんに協力してもらい、動物ラベルワインの中でも、とくにみなさんが目にする機会が多い、白ワイン3種類を飲み比べてみました。いずれもチリ産で、1本500円~600円台(※販売店による)でリーズナブルに買えるという共通点がポイントです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.