シャンパーニュ地方で作られたシャンパングラス「レーマン フィリップ・ジャムス」

シャンパンが好きな人の中にはシャンパングラスにもこだわりがある人も多いかと思います。今どきクープタイプを使用する人は少ないと思いますが、時代の流れと共に、シャンパングラスの形もフルート型から膨らんだボウル型が主流になりつつあります。

今回ご紹介するシャンパングラスも膨らんだボウル型です。本場フランスのシャンパーニュ地方「マルヌ県」でデザインされ、口吹きのハンドメイドにて作られた、驚愕のコストパフォーマンスを誇るグラスをご紹介します。

レーマン・グラスとは?

シャンパーニュ地方にてワイングラスを生産し、30年以上ワイナリーそしてワイン業界を支えてきたシャンパーニュ・グラスメーカーが「ヴェルリー・ドゥ・ラ・マルヌ」です。

その創設者が、長い間ワイングラス生産に携わる中で、自分たちの知識や経験も生かしながら、最高のグラスを作りたいと、2013年に立ちあがったのが「”Lehmann Glass(レーマン・グラス)”」ブランドです。

業界有数のグラスのプロフェッショナルでありグラス・デザイナーのGerard LEHMANN(ジェラール・レーマン)と、2010年の世界最優秀ソムリエコンクール優勝者であり、名実共に世界一のワインのプロフェッショナルであるGerard BASSET(ジェラール・バッセ)、この2人のプロフェッショナルがブランドを立ち上げました。

シャンパンラバーのためのグラス

※左から「フィリップ・ジャムス」、「ミランダ・チューリップ」

フランス二つ星「シャトー・レ・クレイエール」のシェフソムリエの経歴を持つ、フィリップ・ジャムスと、ラ・マルヌ社が共同開発したシリーズ「フィリップ・ジャムス」は、口吹きのハンドメイドグラスにより、とても口当たりが薄く、香りが立ち味わいを得ることができます。

ほどよい拡がりをボウル部に持たせることにより、繊細な香りと泡を楽しむことができます。ハンドメイドグラスにも関わらず、1脚2000円代とリーズナブル。驚きのコストパフォーマンスを備えた、スパークリングワイン専用グラスです。

TAGS

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

ワイン初心者の方が抱える悩みや疑問に葉山孝太郎先生がお答えします!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.