これでチーズ選びも安心!フレッシュタイプのチーズ選びのポイント

はじめに


チーズもワインと同じように、どのチーズを選んで良いのか?どのワインと相性が良いのか?知識がなければ難しいと思います。

そこでチーズ選びのポイントをご紹介します。チーズも様々なタイプのものがあると思いますが、今回はフレッシュタイプのチーズの選び方をご紹介します。

フレッシュタイプとは?


フレッシュタイプのチーズは、フロマージュ・フレに代表される熟成させてない非熟成タイプのチーズですね。クリームチーズ、リコッタ、モッツァレラ、マスカルポーネなどがフレッシュタイプのチーズになります。

チーズというよりは、ヨーグルトに近い感じです。ヨーグルトは牛乳を固めて作っていますが、そのヨーグルトから水分を取り除いたものがフレッシュチーズです。ベースがヨーグルトなので非常に食べやすく、初心者にも好まれるチーズです。

口当たりがソフトなものが多く、口の中に入れると心地よい酸味が広がっていきます。また、フレッシュタイプのチーズは作りたてが美味しいチーズです。

フレッシュタイプのチーズ選びで最も重要な事は、賞味期限と製造日です。フレッシュタイプのチーズはあまり日持ちがしないので、賞味期限や製造日を確認して出来るだけ新しいものを選んで下さい。

食べ方は2種類あります。

加塩していないものはジャムや蜂蜜をかけて食べると美味しく食べれます。また、風味付けされているものは、クラッカーに塗って食べて下さい。また、フレッシュタイプは常温ではなく、冷蔵庫で冷やすと美味しく食べれます。

それぞれの個性と特徴を覚えて、お気に入りの味を探してみてね。

おわりに


チーズは様々な種類があるので、自分好みのチーズを見つけるには、「オーダーチーズドットコム」さん等、チーズ専門店で取り扱っているビギナー向けの「お試しセット」を試してみてもいいかもしれません。

また、チーズに関しては買う際に食べれる量のみ買うことが鉄則です。大量に買っても日持ちしないものもあるので、必ず食べれる量を買うように心がけて下さいね。

参考文献:チーズの選び方・楽しみ方

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.