シャンパーニュに革命を与えた!?ポメリーが愛され続ける理由

出典:https://www.westwing.de/
今回は創業1836年と200年近い歴史を誇る老舗「ポメリー」についてご紹介します。ポメリーが多くの人々に愛されるようになった理由を、その歴史から紐解いていきましょう。

「ポメリー」と言う名前は創業者の名前ではなく1856年から参画したルイ・アレクサンドル・ポメリーから来ています。このルイ・アレクサンドル氏は参画してから2年目に急逝してしまい、未亡人となったマダム・ポメリーが事業を引き継ぎます。そこからポメリーの様々な改革が始まります。何と言っても一番の功績は史上初の辛口シャンパーニュをこの世に送り出したことでしょう。

今では考えられませんが、当時のシャンパーニュは全て甘口でした。慧眼を持ったマダム・ポメリーは「これからの人々の嗜好は辛口に推移するはず」と先見の明を持って今日に続く辛口ブームの先陣を切ったのです。

その他にも敷地内に鉄道を建設したり、販売量と輸出量の増大、果ては従業員の年金制度を設けるなど様々な改革を行いました。その甲斐あって現在では世界第6位の売り上げを誇るシャンパーニュ屈指の大メゾンへとなったのです。

出典:https://www.westwing.de/
ポメリーと言えばすぐに気付くのがそのラインナップの豊富さでしょう。それはそのままマーケティングの巧みさ、とも言えます。「ストローで飲むシャンパーニュ」をコンセプトに若者がクラブで飲むことを前提に造った「POP」は発売当初センセーショナルな話題を巻き起こしましたし、春夏秋冬それぞれの季節限定商品の展開もあります。

ロゼの「スプリングタイム」、ブラン・ド・ブランの「サマータイム」、エクストラ・ブリュットの「フォールタイム」、ブラン・ド・ノワールの「ウィンタータイム」と言ったラインナップは他社では考えられない個性的なものです。

そう言ったマーケティングの巧みさも去ることながら、プレステージ・キュヴェの「ルイーズ」もまた出色の出来ばえです。これはマダム・ポメリーの愛娘ルイーズの名を冠しており、アヴィーズ、アイ、クラマンと言ったシャンパーニュ地方でも最高のブドウを産出する、特級格付の村のブドウのみを使って造られます。その味わいはリッチでゴージャスですが、派手に飾り立てられた煌びやかさとは別の、しっとりとした落ち着きに満ち溢れている素晴らしいシャンパーニュです。

多岐にわたる個性的なラインナップと、堂々たる完成度を誇るトップ・キュヴェが世界87カ国に輸出されて、愛されているのも当然と言えますね。

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.