ポル・ロジェの美味しさは細部に秘訣が!?醸造施設見学でわかったこと

出典:https://williamschase.co.uk/

今回ご紹介するのはポル・ロジェです。1849年創業、現在も家族経営を貫くメゾンとして知られています。ここの特徴は木樽を一切使わないことで、原酒をステンレスタンクで発酵させることによりブドウ本来の繊細さを引き出すそうです。

以前にポル・ロジェの本社を訪れる機会があり、醸造施設を見学させていただいたことがありました。確かに樽はどこにもなく、醸造所に様々な大きさのタンクが何基も並ぶ様子は圧巻でした。しかし、一番驚いたのはその清潔さです! タンクはまるで磨き上げられたかのようにピカピカで曇り一つなく、タイル貼りのフロアーは塵一つ、水滴一つない状態でした。

仕込み前の時期に伺ったので醸造所が稼働していなかったことを差し引いても、圧倒的な清潔さです。あまりの清潔さに無機的で冷たい印象を一瞬受けたほどでしたが、「清潔な場所だからこそポル・ロジェの味が生まれるのだ」と深く感嘆させられたものです。ポル・ロジェの味わいに冷たいとか無機質さはまったくありません。

出典:https://www.polroger.com/

そのソフトな質感と優しさはポル・ロジェ独自のスタイルといえます。派手さがないため、食中酒としてじっくり向き合うのにぴったりのスタイルです。これはポル・ロジェご自慢の「シャンパーニュで最も地下深いセラー」の存在も大いに関係しているようです。地下深いセラーは気温も低く、熟成がゆっくり進むことによりポル・ロジェ独特の繊細さが出るのだそうです。

輸入元の試飲会で久々に口にする機会がありテイスティングしたところ、2年前に飲んだ時よりもシャープになった印象を受けました。輸入元さんに伺ったところ、以前より若干ドザージュ(糖分添加量)を減らしたとのこと。それでも、柔らかで優しいポル・ロジェスタイルは健在でした。

一番有名なキュヴェは何と言っても「サー・ウィンストン・チャーチル」ですね。かのチャーチル英国元首相の名を冠した偉大な年にのみ造られるシャンパーニュです。チャーチル元首相はシャンパーニュの中でポル・ロジェを最も愛していたそうで、そのオマージュとしてこのキュヴェが造られるようになったそうです。

寒い冬に料理と一緒に大きめのグラスでじっくりと飲む――そんな楽しみ方の出来るシャンパーニュが「ポル・ロジェ」です。ぜひ一度味わってみてくださいね。

Bistro Ku Hanare Facebook
渋谷にある隠れ家ビストロ「Bistro Ku hanare」でソムリエをやっています。趣味も仕事もワイン、という幸せ者です。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.