ブームの予感!?プチプチ軽やかな微発泡ワイン「ペティヤン」とは?

「自然派ワイン」、「オーガニックワイン」が流行るにつれて、ペティヤンという言葉もよく聞くようになりました。ペティヤン(Petillant)とは、微発砲ワインのことです。

フランス、イタリア、日本と様々な国で造られていますが、自然派の生産者がロワールなどで造っている印象です。最近は、日本のワイナリーでもペティヤンという名前で造られているワインを見かけるようになりました。今回は、少しずつ人気を上げてきているペティヤンについて紹介します。

ペティヤンとは?

ペティヤンとはフランス語で「パチパチと弾ける」「微発泡」のことです。ワインの世界では微発泡ワインのことを指し、正確にはガス圧2.5気圧以下のスパークリングワインです。

レストランによってはスパークリングワインのリストに載っていることもあれば、スティルワインのところに載っていることもあります。どちらに分類するかは人によって解釈が少し異なるので、気を付けてください。

フランスでは、主にロワール地方を中心に生産され、有名なものはシュナン・ブランから造られるヴーヴレです。また、ペティヤンというのは微発泡のことなので、ミネラルウォーターやジュースにも使用されます。ワイン用のブドウを使ったペティヤンのノンアルコールのブドウジュースも時々見かけます。

前述したようにペティヤンとは「パチパチと弾ける」という意味です。ワインだけではなく、弾けるような食感のスイーツなどにもその名前がついていることもあります。

熟成させたペティヤンというのはあまり見たことはありませんが、例外はヴーヴレです。特に有名な作り手はドメーヌ・ユエ。ビオディナミで栽培し、熟成されたヴーヴレが高価格で販売されています。

ペティヤンの他の国での呼称

イタリアでは「フリッツァンテ」、ドイツでは「パールヴァイン」と呼ばれ、国によって呼び方が異なります。イタリアではピエモンテで生産されている甘口から辛口まである「アスティ」や、エミリア・ロマーニャ州で生産される赤のスパークリングワイン「ランブルスコ」など、微発砲のワインはたくさん生産されています。高価なものはほとんどありませんが、日常的に親しみやすい価格と味わいで地元では定着しています。また、スペインでは「チャコリ」が有名です。バスク地方のワインで、微発泡以外のものもありますが、微発泡のものは軽快な飲み口で夏などに飲むのにぴったりです。

その他のフランスのスパークリングワインの呼称

ムスー

フランス語でスパークリングワインの総称をムスーと呼びます。シャンパン、クレマン、ペティヤンも含め、発泡するワインはすべてムスーです。イタリア語ではスプマンテ、スペインではエスプモーゾ、ドイツではシャウムヴァインと呼ばれるもののことです。

クレマン

シャンパンよりはやや気圧は弱めですが、シャンパンをつくる伝統的な製法と同じ瓶内二次発酵で造られるクレマンも人気のスパークリングワインの一つです。代表的なものに、「クレマン・ド・ブルゴーニュ」「クレマン・ド・アルザス」などがあります。

シャンパーニュ

言わずとしれたシャンパーニュ地方で瓶内二次発酵で生産されるシャンパン。熟成期間や使用して良い品種はシャルドネ、ピノ・ノワール、ピノ・ムニエと決められていて、ガス圧は6気圧です。ペティヤンとの最大の違いはやはりそのガス圧。それぞれ違う魅力を持っていますが、シャンパンに慣れている方はペティヤンのガス圧だと物足りないかもしれません。

その他ではドイツのゼクトやスペインのCAVA、イタリアのフランチャコルタがクレマンと正確には決まり事が違いますが、瓶内二次発酵でワインを造る、という意味で似たような位置付けになっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

最近はワインの名前や産地など、ブランドに拘らずワインを選ぶ人が増えています。シャンパンとはまた別の魅力があります。また、乾杯にペティヤンを飲む方、ペティヤンしか置いていないようなお店も増えてきています。

フレッシュで軽快な飲み心地のペティヤンを飲んで、楽しいワインライフを送ってください。

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.