ワインをおいしく飲むために気を付けたいワインの温度

はじめに

みなさん、ワインの温度って気にしてますか?一般的に言われているのが、赤は常温で、白は少し冷やして飲むと美味しく飲めると言われています。

という事で、今回はワインの温度について簡単に解説いたします。

美味しく飲むには温度が重要

ワインは飲む時の温度によって味が左右されることはご存じですか?

もちろん、個人で感じる味も様々なので、自分の好きな温度で飲んでいただいていいんですが、そのワインに合った温度で飲むことで、ワインの味を最大限に引き出してくれるんです。

白ワインやスパークリングワインは6℃~12、13℃くらいまでの低温が適しています。なかでも甘口は低温、辛口の場合は10℃以上がオススメです。赤ワインの場合はボディによっても調製したいところですが、ライトボディなら10~12℃、フルボディなら16~18℃と重口ほど高温が合うでしょう。

少し温度に気をつかうだけで、ワインの味は驚くほど変化するので、これまで温度は意識していなかったという方も、ぜひ飲みごろの温度で飲んでみてください。

赤と白で飲む温度が違うのは?

ところで、どうして、「赤ワインは常温で」「白ワインは冷やして」と言われているのでしょうか?

それは、酸味と渋みは低い温度で感じ、甘味とアルコールは高い温度で感じやすくなるため、一般的には赤ワインは常温、白ワインは冷やして、と言われています。ぬるくなったコーラが非常に甘いのは温度のせいなんです。

そして、白ワインは渋味が少なく、酸味が中心なので、低い温度で飲む方がより味わいが引き立るのです。
逆に赤ワインは、渋みが多いものが多くて、コクがあるので、渋味をできるだけ感じさせないように少し高めの温度で飲むとおいしいわけです。

ワインの味は、甘味、酸味、渋み、苦味で構成されているので、ワインをよりおいしく楽しむためには、この4つの味のバランスを調整するのが効果的です。

温度を計るアイテム

温度を正確にはかるには、温度計が必要ですよね。ここ近年、ワインの温度を測る温度計も様々なものが販売されています。

基本はボトルに差し込んで測るものが一般的ですが、ボトルに温度計を取り付けるタイプや、赤外線をつかってワインやボトルに触れることなく温度を測れるものもあります。ネットショッピングなどでお好みに合わせて選んでみてください。

おわりに

いかがでしたか? 少し温度に気を配ってみるだけで、ワイン本来の味を知る事ができるので、ワインを飲む時はぜひとも温度を意識してみましょう。

以下に家ワイン編集部オススメのワイン温度計を掲載します。気になった方はぜひ商品ページで詳細を確認してみてください。

VACUVIN (バキュバン)
VACUVIN バキュバン スナップサーモメーター(ワイン温度計) #3630360 EAN363038
Amazonで見る
貝印
貝印 ワイン 専用 温度計 ( 非接触 タイプ) Kai House Select DH-7254
Amazonで見る

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.