覚えておこう!若くて高価なワインをすぐに飲んではいけない理由

はじめに


ワインの価格帯にはざっくりと分けて、1000円以下、1000円以上3000円以下、3000円以上10000円以下、10000円以上の4パターンですね。ただ、10000円以上のワインを自宅で飲む時ってなかなかないんですけどね。

高額なワインと1000円以下のワインとで、なにが違うのか?ご紹介いたします。

地域での価格差


シャンパンの違いは以前書きましたが、ではワインはどう違うのか?

まずは、問題点として上げられるのが関税とその地域の物価の値段です。最も大きいのがこの問題だと思います。ただし、関税のない地域もあって、チリと日本は自由貿易協定により、関税が掛かっていません。

しかも、チリの物価は日本より安く、比較的安い価格でワインを購入できます。南アフリカのように物価が非常に安いため、ワインが安くなっているケースもあります。

ヴィンテージワインの価格差


高価なワインの条件もあり、若いワインとヴィンテージワインとで、上乗せされた価格も変わってくきます。ヴィンテージワインは熟成させているため、価格が高騰するのは分かりますが、若いワインが高い理由はブランドや希少価値だったりします。

ただ、若くて高価なワインは、アルコール度数や凝縮度が高く、渋みも強いのですぐに開けても美味しいと言えません。若くて高価なワインは熟成させてこそ、そのワイン本来の美味しさを知ることが出来るので、高価だから美味しいというわけではありません。

実は、家で飲むワインは1000円~2000円のワインが一番飲みごろだったりします。

欧州の人たちは、日本よりも圧倒的に普段からワインを飲んでいますが、毎日3000円以上するワインを飲んでいる人はいません。フランス、イタリアでは普段飲むワインは1000円以下のものが多いと聞きます。

実際、フランスやイタリアで売られているワインは、日本と違って価格が圧倒的に安いわけですが...。

おわりに


いかがでしたか?

探せば安くて美味しいワインはいくらでもあるので、これもまたワインの楽しみの1つとして、ワインショップやネットショップで自分にぴったりのワインを探せてみて下さい。

Photo by zeynep yılmazoğlu on Flickr

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.