覚えておこう!若くて高価なワインをすぐに飲んではいけない理由

はじめに

ワインの価格帯にはざっくりと分けて、1000円以下、1000円以上3000円以下、3000円以上10000円以下、10000円以上の4パターンですね。ただ、10000円以上のワインを自宅で飲む時ってなかなかないんですけどね。

高額なワインと1000円以下のワインとで、なにが違うのか?ご紹介いたします。

地域での価格差

シャンパンの違いは以前書きましたが、ではワインはどう違うのか?

まずは、問題点として上げられるのが関税とその地域の物価の値段です。最も大きいのがこの問題だと思います。ただし、関税のない地域もあって、チリと日本は自由貿易協定により、関税が掛かっていません。

しかも、チリの物価は日本より安く、比較的安い価格でワインを購入できます。南アフリカのように物価が非常に安いため、ワインが安くなっているケースもあります。

ヴィンテージワインの価格差

高価なワインの条件もあり、若いワインとヴィンテージワインとで、上乗せされた価格も変わってくきます。ヴィンテージワインは熟成させているため、価格が高騰するのは分かりますが、若いワインが高い理由はブランドや希少価値だったりします。

ただ、若くて高価なワインは、アルコール度数や凝縮度が高く、渋みも強いのですぐに開けても美味しいと言えません。若くて高価なワインは熟成させてこそ、そのワイン本来の美味しさを知ることが出来るので、高価だから美味しいというわけではありません。

実は、家で飲むワインは1000円~2000円のワインが一番飲みごろだったりします。 欧州の人たちは、日本よりも圧倒的に普段からワインを飲んでいますが、毎日3000円以上するワインを飲んでいる人はいません。

フランス、イタリアでは普段飲むワインは1000円以下のものが多いと聞きます。 実際、フランスやイタリアで売られているワインは、日本と違って価格が圧倒的に安いわけですが...。

おわりに

いかがでしたか? 探せば安くて美味しいワインはいくらでもあるので、これもまたワインの楽しみの1つとして、ワインショップやネットショップで自分にぴったりのワインを探せてみて下さい。

Photo by zeynep yılmazoğlu on Flickr

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

ドローンからの空撮360度映像は圧巻!VRでワイナリーを疑似体験してみませんか?

10月6日(金)、7日(土)、8日(日)の3日間にわたり、東京ミッドタウン及び、シャトー・メルシャン トーキョー・ゲスト・バルにて「シャトー・メルシャン ハーベスト・フェスティバル 2017 in TOKYO」が開催されます。 今回のイベントの目玉は最新のVR技術を駆使した「五感テイスティング・ツアー」。ドローンからの空撮360度映像や工場やセラーの様子など、VRコンテンツならではの体験ができます。 それでは、シャトー・メルシャンや日本ワインの魅力を発見、体験できるイベントをご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.