覚えておこう!若くて高価なワインをすぐに飲んではいけない理由

はじめに


ワインの価格帯にはざっくりと分けて、1000円以下、1000円以上3000円以下、3000円以上10000円以下、10000円以上の4パターンですね。ただ、10000円以上のワインを自宅で飲む時ってなかなかないんですけどね。

高額なワインと1000円以下のワインとで、なにが違うのか?ご紹介いたします。

地域での価格差


シャンパンの違いは以前書きましたが、ではワインはどう違うのか?

まずは、問題点として上げられるのが関税とその地域の物価の値段です。最も大きいのがこの問題だと思います。ただし、関税のない地域もあって、チリと日本は自由貿易協定により、関税が掛かっていません。

しかも、チリの物価は日本より安く、比較的安い価格でワインを購入できます。南アフリカのように物価が非常に安いため、ワインが安くなっているケースもあります。

ヴィンテージワインの価格差


高価なワインの条件もあり、若いワインとヴィンテージワインとで、上乗せされた価格も変わってくきます。ヴィンテージワインは熟成させているため、価格が高騰するのは分かりますが、若いワインが高い理由はブランドや希少価値だったりします。

ただ、若くて高価なワインは、アルコール度数や凝縮度が高く、渋みも強いのですぐに開けても美味しいと言えません。若くて高価なワインは熟成させてこそ、そのワイン本来の美味しさを知ることが出来るので、高価だから美味しいというわけではありません。

実は、家で飲むワインは1000円~2000円のワインが一番飲みごろだったりします。

欧州の人たちは、日本よりも圧倒的に普段からワインを飲んでいますが、毎日3000円以上するワインを飲んでいる人はいません。フランス、イタリアでは普段飲むワインは1000円以下のものが多いと聞きます。

実際、フランスやイタリアで売られているワインは、日本と違って価格が圧倒的に安いわけですが...。

おわりに


いかがでしたか?

探せば安くて美味しいワインはいくらでもあるので、これもまたワインの楽しみの1つとして、ワインショップやネットショップで自分にぴったりのワインを探せてみて下さい。

Photo by zeynep yılmazoğlu on Flickr

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

もうワイン選びで失敗しない!良いワインショップ選びのポイントとは?

家でワインを楽しむワイン好きな皆さんは、いつもどこで購入していますか?ワインは重いのでネット通販を利用される方も多いでしょう。しかし、ワイン初心者にとってネット上でワインを選ぶのはなかなかハードルが高いかもしれません。そもそも、実店舗でも通販サイトでも、どのショップで買い物をしたらよいのかということから悩んでしまいます。 そこで今日は、ワイン選びで失敗しないためにも、良いワインショップを見分けるポイントをお伝えしたいと思います。

イタリアワインの格付け「DOCGとDOC」の違いとは?

イタリアワインのラベルやキャップシールに「DOCG」「DOC」という文言を見たことがありますか?この言葉はいったい何を意味しているのでしょうか。 今回はイタリアワインの格付け「DOCG」、「DOC」についてご紹介いたします。 ヨーロッパのワインには品質分類がある イタリアを含む、フランス、ドイツなどのヨーロッパ諸国にはワインを品質で分類したヒエラルキーがあり、どの国も大枠は同じようなものになっています。 簡単にいうと、上の分類になればなるほど、厳しい法律が定められていて格が高くなる、またその見返りとして土地の名前を名乗ることが認められているというものです。フランスの最上級の等級はAOC(Appellation d'Origine Contrôlée)と呼ばれており、それと同じ位置づけにあるイタリアの等級がDOCG(Denominazione di Origine Controllata e Garantita)なのです。

ワイングラスでの乾杯で、音を立てるのはマナー違反?

ビールジョッキでは豪勢を音を立てても良いけれど、ワイングラスで乾杯するときは決してグラス同士をぶつけてはいけない──日本では、それがマナーとして認識されています。 しかしながら、創業250年の歴史を誇る老舗ワインブランド・リーデルは、2011年に「乾杯でグラスをぶつけるのはルール違反ではない」と正式に表明しています。 ただし、繊細な縁同士をぶつけては割れてしまう可能性があるため、正式な乾杯方法は傾けたワイングラスの腹同士をぶつけるのだそうです。 リーデル家10代目当主であるマキシミリアン・リーデル氏も「ワインは色や香り、味わいだけでなく、音も含めて五感で楽しんでくださいね」(参考ページより引用)と発言しており、正しい乾杯方法や奏でられる音色も動画にて確認することができますよ。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.