知っておくと役立つ!ワイングラスの正しい持ち方とワインのマナー

ワインを飲む機会が増えてくると、一度はワイングラスの持ち方について考えたことがあるのではないでしょうか?

ワイングラスは、子供の頃に決して手にすることのなかった不安定な形のグラスです。最近は日本でも定着してきましたが、初めて大きめのブルゴーニュグラスやボルドーグラスを見た時はびっくりしたと同時に「割らないようにしなくては」という気持ちと、「どこを持ったら良いのか」と悩みました。

今回はそんなワイングラスの持ち方、改めてご紹介したいと思います。

ワイングラスの持ち方は日本と海外で違う?

ワイングラスは、グラスのステム(脚)の部分を持つ方が多いと思います。ソムリエの勉強をしているとグラスの持ち方について「ボウルの部分を持つと手の温度がワインに伝わってしまい、ワインの温度が上がってしまいます。その結果、味や香りが変化してしまうことがある為、脚の部分を持ってテイスティングする」と学びます。
 

逆に、テイスティングの最中に少し温度が低くて温度を上げて香りを確かめたいな、変化を見たいなという時は「ボウル部分を手で温めるように優しく持って温度の変化とともに変わる味わいや香りを調べる」ということもあります。

しかし、海外の国際的な正式なマナーでは、ワイングラスのボウルの部分を持つことがマナーとされているようです。テレビで政治家や王室の方々の晩餐会などが写ると、ボウルの部分を持っている方が多い気がします。

また、ボウルが大きめのブルゴーニュグラスやボルドーグラスの場合、グラスで重心が上にあるため、脚を持つと不安定なので、その場合はボウル部分、もしくはボウルと脚の境目辺りを持つと一番安定します。

マナーの大前提は人を不快にさせないことなので、臨機応変の対応が必要です。この場合はこぼしてしまわないことが一番大切ですので、一番安定する場所を持つのが良いと思います。

注いでもらうときにグラスを持ち上げない

ワインをサービスするのはお店のスタッフやソムリエの仕事です。日本にはお酌をする時にグラスやお猪口を持ち上げて注いでもらう文化があります。ただ、古くからワイン文化のある欧米にはそのような文化はありません。

ワインを飲むシーンではお客様側、または注がれる側は手酌をしません。ビールのグラスや日本酒のお猪口より不安定なワイングラスを持ち上げると、ワインが注がれてだんだん重くなっていく際に、とても不安定になります。

もしお店の方が注ぎにくそうな位置にあればグラスを少し移動させてあげて、なんとなく気になる方は手を添えるくらいにしましょう。

10年くらい前まではグラスを持ち上げる人も多かった気がしますが、ワイン文化が浸透してきたからか、最近はあまり見かけない気がします。特にフォーマルな場所ではお客様同士でワインを注ぎあう、ということはしません。ソムリエやお店の担当の方に任せておきましょう。

乾杯でグラスはぶつけない

やはり日本の文化を思い出してみると、ビールなどで乾杯するときにはグラス同士を合わせて音を立てることが通常です。また、お祝いの席などで「乾杯ーー!!」と言いながら景気よくグラス同士をぶつけます。

しかし、正式なマナーではグラス同士を合わせて音を立てて乾杯はしません。ワイングラスは高級なものほど薄く、繊細なものが多くあります。薄いグラスはワイングラスを合わせた瞬間、割れてしまうことも考えられます。

ワイングラスで乾杯する時は、ワイングラスを胸の高さまで上げて、軽く会釈をしながら、「乾杯」と言うのが良いでしょう。ただし、カジュアルなお店で親しい友人との食事など、カジュアルな場面で相手が乾杯しようとしてきた場合は、グラスを合わせて乾杯しても良いと思います。ここは日本ですし、臨機応変に相手を不快にさせないようにしてください。その際はグラスのボウル部分の最もふくらんだところを、割らない程度の力で軽く当てて下さい。

まとめ

ワインはヨーロッパからの文化ですが、私達が生活しているのは日本です。そして、昔の貴族達が飲んでいたような時代とは背景が変わってきています。こうしなければいけない、ということはあまりありませんが、覚えておいて、何か機会があったときに相手の文化や気持ちに合わせて、グラスの持ち方や乾杯の仕方を変えられると良いですね。

ソムリエ。レストラン、ワインショップ、ワイン輸入会社の勤務を経て、現在はオンラインのワインサロンを主宰しながら、様々な場所でワイン会を開催。サロンをして開業できるように準備中。ワインの楽しさを沢山の方に伝えていきたいです。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.