希望のスペースにピッタリと収まる?拡張できるワインラック「ボルデックス ワインラック」

 

皆さん、ワインの置き場所に悩んでいませんか?ワインセラーを持っている人は、セラーに入れておくことをオススメしますが、ワインも収納次第でオシャレなインテリアになるので、ワインラックを部屋のインテリアとして使用する際にはこのようなアイテムがおすすめです。

ワインラックにも様々な種類がありますが、ご紹介するワインラックはオーストラリア製の「BORDEX(ボルデックス)ワインラック」という自然木とスチールを組立てるシンプルなワインラックです。

6本用から120本用まで幅広い製品をラインナップしており、専用の連結パーツにより縦や横にも拡張可能なので、隙間の細長いスペースから、階段下のデッドスペース、お部屋の壁全面まで、ご希望のサイズに拡張が可能の非常に優れたワインラックです。今回、6本用を組み立ててみたので、組み立て方からご紹介させていただきます。

それでは6本用を作ってみます。

パッケージを開封したところです。中には自然木が8本、長いスチールが4本、短いスチールが8本、プロテクテックス(ボトル保護クリップ)が6個入っています。

スチールを平行に並べて、両端を格子状にします。※床に傷がつくので、必ず何かを敷いて作って下さい。

交差する部分に切込みの入った角材をハメ込んでいきます。

スチールが交差する全てに角材をハメ込みます。

軽くハメ込んだ後にショッレスハンマーで叩くと簡単です。※木材を叩いても問題ありません。また、ショックレスハンマーを持っていなかったので、金槌を使用しました。

これで片側が完成です。

木材の切り込みに短いスチールを入れていきます。

スチール交差部分と角材の切れ目が合うように配置します。

長いスチールを配置します。

ショックレスハンマーや金槌などを使用してスチールを角材にハメ込んでいきます。

プロテクテックス(ボトル保護クリップ)を差し込みます。

これで完成です。

とてもシンプルなデザインで、ワインボトルを置いてこそ、インテリアとしてオシャレに見せることができます。木材にはマレーシア産のマラントゥを使用、ブラックコーティングされたスチールを組み合わせた素材はインテリアとして、どんな空間にもマッチします。

6本用は立てれば、4本用として置き場所にもスペースを取りません。ちょっとしたデットスペースで使用することができるので、6本用はおすすめです。

こちらは12本用です。

ボルデックスは耐久性にも優れており、スチール材が錆びないよう、ブラックコーティング(焼き付け塗装)がされていて湿度の高いセラー内でも使用することができます。

また、ボルデックスの最大の長所は拡張できるという点です。長さや大きさの異なる長方形や正方形を組み合わせるブロックに似ており、組み合わせ方によっては希望のスペースにピタッと納める事ができるので、おすすめのワインラックです。

MONTEREY(モントレー)
完成品 組立済 ボルデックス 6本用 マルチコンビネーション ワインボトルラック 保管や収納、インテリアに
Amazonで見る

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

日本でも愛されているランブルスコの名門「ドネリ社」!4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏の来日インタビュー

イタリアを代表する発泡性赤ワイン「ランブルスコ」。そんなランブルスコに1世紀近く情熱を注ぎ続け、今や世界中で愛されるワインメーカーに成長した、イタリアのエミリア・ロマーニャ州にある名門ワイナリーが「ドネリ社」です。イタリア食材・ワインの輸入商社であるモンテ物産の招きにより、ドネリ社の4代目社長「ジョヴァンニ・ジャコバッツィ」氏が来日されました。今回、ジョヴァンニ氏の来日に伴い、「ドネリ社」についてインタビューを行わせて頂きました。

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.