シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

皆さんはスパークリングワインとシャンパーニュの違いをご存じでしょうか?

今回、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に「スパークリングワインとシャンパーニュの違いについて」調査を行いました。

興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

特に20代に「知らなかった」という回答が多かった!

まずはスパークリングワインとシャンパーニュの違いを理解しておきましょう。

◆スパークリングワイン

発泡するワインの総称。産地やブドウの品種は問いません。

 

◆シャンパーニュ(シャンパン)

フランスのシャンパーニュ地方で製造され、かつ、フランスのワインの法律(AOC法:原産地呼称管理法)に規定された条件を満たしているスパークリングワインのこと。

つまり、ふと手にしたワインのラベルを確認しない段階で「シャンパーニュ」とは言い切れません。

シャンパーニュはスパークリングワインの一種であり、産地もブドウの品種も限定されています。また、シャンパーニュには「シャンパーニュ製法」という伝統的な製法が用いられているので、実はシャンパーニュと呼ばれるものは、ごく一部なんです。

では、アンケート結果はどうでしょうか?

シャンパーニュ(シャンパン)とスパークリングワインの違いを「よく知っていた」と回答した人の割合は17.5%。全体の2割を下回る結果になりました。

つまり、5人でワインを飲みにでかけたら、1人しかシャンパーニュとスパークリングワインの説明ができないということになるのです。

次は年代別に見てみましょう。

20代、30代で比較すると、20代で「よく知っていた」と回答した人の割合は12.5%と、約1割という結果になりました。

 よく知らない人の違いの認識内容(自由回答)をみると、シャンパーニュとスパークリングワインの違いを「炭酸の有無」や「炭酸の強さ」、「アルコール濃度」の違いだと思っている人が比較的多くみられました。

また、シャンパーニュの輸入量も増えているため、「スパークリングワイン=シャンパーニュ」や「スパークリングワイン=特別なもの」という印象がありそうです。

最近では1000円台で購入できる美味しいスパークリングワインが増えていることも知らないのかもしれませんね。

リースナブルなのに本格的!

ご紹介する「プードゥ スパークリングワイン」は、カジュアルなのに本格的な味わいを楽しむことができるスパークリングワインです。

フルーティーで辛口の味わい、すっきりと爽やかで、ほどよい酸味と甘みのバランスがよく、ライトユーザーからヘビーユーザーまで楽しむことができます。

まとめ

シャンパーニュとスパークリングワインの違いがわかっていると、シャンパーニュを味わう時に特別な気持ちになれますし、そんな話でお酒の席が盛り上がることもあるかもしれませんね。

シャンパーニュとスパークリングワインの違い、そして、リーズナブルでカジュアルな「プードゥ スパークリングワイン」は、ぜひ覚えておいてくださいね.。

【調査概要】

調査タイトル:お酒に関するアンケート

調査期間:2017年2月28日~3月3日

調査方法:インターネットリサーチ

調査対象:お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパンが好きな20代~30代男女 400名

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.