レストランで恥をかかない!正しいホスト・テイスティングを知っておこう

はじめに


レストランでワインを注文すると「注文したワインが悪くなっていないかどうか」を確認するためテイスティングを行いますよね?これをホストテイスティングといい、一般的にはテーブルの主催者だったり、エスコートしている男性が行う事が多いようです。

今回は、正しいホストテイスティングについてご紹介します。

ホストテイスティングとは?


冒頭でも述べたように、ホスト・テイスティングは基本は男性やテーブルの主催者、もしくはエスコートしている男性が行います。

また、ホスト・テイスティングは、これからお出しするワインの状態を確認するためのもので、ワインの試飲や味見ではありません。自分の口に合わないからと言って、他のワインに変える事は出来ません。

注文したワインの状態を確認するだけなので、グラスに注いでもらったワインの匂いを嗅いで、一口飲んで問題なければ「大丈夫です」と言うだけなのです。

飲んだときに違和感を感じなければ、「大丈夫です」だけで構いません。もしくは、ソムリエさんにお任せすることも出来るので、自信がない場合は、「ソムリエさんにお任せします」と言いましょう。

ホスト・テイスティングの手順


ホスト・テイスティングの手順は以下のようになります。

【1】ラベルのチェック


ソムリエがワインのラベルをあなたへ向けて見せます。ワイン名、ヴィンテージ、ワイナリーなど注文通りのワインか確認して下さい。

ワイン名が合っていれば、問題ないと思います。また、コルクが抜かれていないかも確認して下さい。

【2】テイスティング


グラスに一口分のワインが注がれますので、色、香り、味の順番でワインの状態を確認します。

香りで大丈夫と思っても飲むと劣化していたということもありますので、きちんと口に含まれることをおすすめします。この2点で「明らかにおかしいぞ!?」という違和感を感じれば、とりあえずソムリエさんに伝えて下さい。

また、最初に注がれるワインは最も瓶内の気体に触れていた液面のトップであり、品質面では大事なポイントになります。又、コルク自体の香りや状態のチェックも行った方が良いでしょう。

ほとんどの場合は「こちらでお願いします」や「はい。大丈夫です」と伝えて終わりですが、先ほども言ったように自分の好みと違うという理由でワインを交換するのはマナー違反になるので、これだけは絶対に気を付けて下さいね。

おわりに


いかがでしたか?

ワイン、テイスティングというワードを聞いただけで、一気にハードルが上がりますが、ホスト・テイスティングのマナーは非常に簡単なので、ワイン初心者の方も覚えておきましょう。

TAGS

かつてはワイン関連の商社にて幅広い業務に携わり、世界のワイン、ワイングッズに触れる。週末は子育てに奮闘する中、晩酌にワインは欠かしません。

おすすめの記事

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

シャンパーニュとスパークリングワインの違いは?20代は約90%が知らなかった!

スパークリングワインを飲んだ際に「このシャンパーニュ(シャンパン)おいしいね」なんていう会話になったことはありませんか?今いただいたのはスパークリングワイン?シャンパーニュ?その違い、ご存じでしょうか? そんな観点から、お酒を1ヶ月に1回程度以上飲む、且つスパークリングワインまたはシャンパーニュが好きな20代~30代男女を対象に調査を行いました。興味深い結果がでておりますので、どうぞご一読ください。

カジュアルなチリ産スパークリングワイン「プードゥ スパークリング」の魅力とは?

イタリアのアスティ・スプマンテやスペインのカバの登場でスパークリングワインも低価格帯のものが人気を博し、日常の食卓にもスパークリングワインが並ぶようになりました。そして、今ではチリ産スパークリングワインが注目を浴びています。チリ産のワインといえば、コストパフォーマンスが高いというイメージが強くあると思います。今回はまさにその言葉にピッタリな「プードゥ スパークリング」をご紹介します。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.