ワインをこぼしても大丈夫!人気のステインローラーで簡単シミとり方法

洋服にワインをこぼしてしまった時、皆さんはどのように対処していますか?白い衣服に赤ワインをこぼしてしまった場合、すぐに水洗いをしなければ目立つシミ汚れになってしまいます。

時間が経つにつれて酸化し、落ちにくいシミへと変わっていきますので、出来るだけ早く落とした方が良いのですが、そんな時に役に立つのが「ドクターベックマン」のステインローラーです。

今回は、白いブラウスを使って、実際にステインローラーを試してみました。

ステインローラーの使い方

まずはワインのシミを確認します。ここでステインローラーの登場です。

【1】シミの下に白い布(タオルでも可)を敷いて、ヘッドのローラーを回転させながらシミに液をつけて3分置きます。

【2】水で布を十分に湿らせます。

【3】染みの部分をたたきます。

【4】必要であれば【1】~【3】を繰り返せばシミは目立たなくなりました。

ドクターベックマンのステインローラーはついたばかりの水性、油性のどちらのシミにも対応しています。くるくると回るローラーが生地を傷めることなく、シミを浮かせていくので、使い方はいたって簡単、ウールやレース、薄手のおしゃれ着、ドライマークの衣類にも使えます。

このステインローラーはヨーロッパでは携帯用として大人気です。食事中によくこぼす小さなお子様のいるママたちからも支持されていますし、旅行先や外出先の大きなシミとりに便利と、大変重宝されています。

MQクロスも大活躍!

今回、使用したMQ Duotexのクロスもシミとりには欠かせません!水だけで汚れをかきとる頼もしいお掃除クロス。凹凸があるニット(編み地)面は、極細の繊維で吸水性抜群。繊維の奥に入り込み、頑固なシミもからめとってくれます。

ぜひ、シミとりの道具のセットとして手元に置いておきたいアイテムです。

シミとりだけでなく、コンロの油汚れやシンクの水垢も、水でスプレーしてひと拭きするだけで、キレイにしてくれます。使ってみるとその手軽さに驚くと思いますよ。

まとめ

いかがでしたか?あきらめていたワインのシミも、ステインローラーを使えば、キレイによみがえらせることができるかもしれません。

とはいっても、まずはシミをつけないことを心掛けてくださいね。そして、もし、赤ワインのシミがついてしまったら、出来るだけ専用のシミとり剤を使用してください。身近なもので落ちると報告されていますが、かえってシミが落ちづらくなるケースもありますので、専用のシミとり剤を使用することをお薦めします。

ステインローラーはレストランやワイン業界でも人気のシミとり剤です!これさえあれば、ワインのシミももう安心ですよ。

イーオクト
ドクターベックマン シミとり おしゃれ着・ドライマーク用 ステインローラー 75ml
Amazonで見る
イーオクト
MQ Duotex ダブルクロス (編み素材/織素材) レッド/ブルー
Amazonで見る

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

おすすめの記事

1,000円台で味わえる!アウトドアにおすすめなイタリアワインをテイスティングしてみた

イタリアワインが飲み手の心を掴んで離さないのは、飲むたびに新しい発見があるからではないでしょうか。豊かなテロワールと多様なアイデンティティゆえに、フランスワインとは異なる魅力を発揮しています。春夏秋冬を通じて楽しめるイタリアワインですが、今回はこれからのシーズン、特にアウトドアにぴったりなワインを見つけたのでご紹介します!屋外でのワインの楽しみ方にも触れてみたいと思います。

アウトドアでワインをもっと手軽に美味しく。エコで軽量な真空ボトルが大活躍!

キャンプや海などのアウトドアで楽しむお酒は格別ですよね。冷やさなくても美味しく飲めるワインは、アウトドアに是非持っていきたいお酒です! とはいえ、ほとんどのワインボトルはビンなので重く、荷物もかさばってしまいがちです。更には、いざ飲もう!という時に、ソムリエナイフが無くてコルクを開けられなかった……なんて経験はありませんか?「もっと手軽にワインを楽しみたい!」今回はそんな悩みを解決してくれる、割れずに軽量で、洗えば何度でも使える画期的なワイングッズ「真空ハジーボトル」をご紹介したいと思います。

ミディアムボディ、フルボディ、ライトボディはどういう意味?ワイン初心者の悩みを解決!

ワインの世界は、初心者の人からすれば、ウンチクが多く謎だらけという方も多いのではないでしょうか?また、ワインに興味があるけど、恐怖心を抱いて一歩踏み出せない人もいるはずです。 でも、だいじょうぶ。今回はワイン初心者が抱く疑問や悩みの中から、よく耳にする疑問や質問から紐解いていこう。これは定番ともいえる疑問・質問なので、是非覚えておいておこう!

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.