もう迷わない!ワインと料理の合わせ方の基本を知っておこう

ワインが好きな人であれば、もちろん、ワインに合わせる料理にもこだわりを持っている方もたくさんいらっしゃるかと思います。みなさんはマリアージュという言葉をご存じですよね?フランス語で「結婚」を意味し、料理とワインの相性のことを言います。

人間同士にも相性があるように、ワインと料理にも相性があるんです...今日は、ワインと料理の合わせ方の基本をご紹介します。

ワインと料理の合わせ方

ワインと料理の合わせ方には色々とありますが、基本は、お互いの共通点を見つけることです。代表的な例は「出身地」が同じということですね。

出身地が同じという事で「一般的に相性がよいといわれる組み合わせ」は「同じ土地で生まれたワインととチーズ」。ワインとチーズはその土地の風土に最も適したものがつくられています。このような共通点が多いため、組み合わせとして安定感があります。

また「似たもの同士」を合わせることで、お互いが引き立つこともあります。さっぱりとした料理には、すっきりとした白ワインだったり、お肉系には、重めの赤ワイン、甘いデザートには甘口のデザートワインなど。 あとはワインと料理の色を合わせるのも1つの方法です。

茶色系の料理はこってりとしたコクのある料理が多いので、赤ワインを合わせるとよいでしょう。また、淡い色合いの料理はすっきりとしたシンプルな料理を合わせるのがオススメです。

とは言っても、やはり大事なのは自分の食べたいものを食べて、飲みたいワインを飲むということです。自分で色々と試してみて、新しい発見を見つけることもワインライフの楽しみの1つになると思います。

味付けによって合わせるワインも変わる

肉料理と言えば、やっぱり赤ワインと思う人が多いと思いますが、それは味付けや素材によって異なるので、「肉料理だから赤」とは決めつけないほうがいいです。

さきほども紹介したように、コクがある赤身の肉であれば、重めの赤ワインで問題ありませんが、これが淡白な鶏肉、豚肉を使った重くない肉料理であれば、実は白ワインの方が合います。また、味付けも同じ…ワイン煮込みやデミグラスソースなどこってりした味付けであれば、赤ワインですが、クリームやバターを使った味付けだったり、レモンを使って酸味を出した肉料理であれば、白ワインの方が合うんです。

これは魚料理でも同じです。魚料理だと白ワインのイメージが強いと思いますが、赤身魚だと軽めの赤ワインの方が合いますし、味付けも肉料理と同じでこってりした味付けであれば、渋すぎない軽めの赤ワインが合ったりします。

困った時はスパークリングワインを

スパークリング・ワインは炭酸が効いてるので、どんな料理でも相性が抜群です。ビールがどんな食べ物とも合うのは、炭酸が利いているからなんです。この料理に何を合わせればいいんだろう...と悩んだときは、スパークリング・ワインを選ぶという方法もあるので、覚えておきましょう。

終わりに

様々な組み合わせの紹介をしましたが、味覚は千差万別…食べ物の組み合わせに絶対的な定義などはありません。これはワインも同じで、自分がおいしいと思ったり感じたことがすべてなので、様々な組み合わせに挑戦して、新しい発見をしてみましょう。

その時発見した驚きと興奮は忘れられない財産になるし、その際に飲んだワインも決して忘れることはないと思いますよ。ぜひ自分の一番を見つけてください!

ぴあ
おうちでワイン 料理とワイン 組み合わせメソッド
Amazonで見る

家ワイン編集部です。家ワインレシピ、家ワイン通信などを、ワインライフが楽しくなるような情報やコラムをお届けしていきます。

関連コラム

飲酒は20歳になってから。飲酒運転は法律で禁止されております。 Copyright © 家ワイン All Rights Reseved.